» 2018 8月 06のブログ記事


2018年7月27日(金)、三軒茶屋近くの猫だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんで開催された『夢の猫本屋ができるまで』刊行記念トークの様子をお届けしております。

トーク中も『私が主役!』とばかりに居座る読太さん。

編集の高梨さんが取り出した白い本。
束見本と言われる”実際の製本時と同じ紙で製作された見本”だそうです。
「束見本、見られなかったんですよね」ボソッと安村さん。

続いてトークショー限定、表紙候補を公開!

この4つの中から発売された表紙が決まったそうです。

決定した表紙のレジにいるのは奥様の真澄さん。
いい感じでブレるまで何度もクルクル回ったという裏話も披露されました。

『私達の裏話はないのかな?』

う~ん…鈴さん達の話は本に書いてありますからねぇ。

『そっか、本に書いてあるならいいや』

それはいいけど、膝の上で毛づくろいしないでくださいな。

『毛づくろいがダメなら…バリバリバリっ!』

こらこら、Tシャツで爪とぎしない!
なんて鈴さんをかまっていると…

「夢という言葉は入れたくなかった。バカっぽくて」と安村さんのトーク。

『ビール呑みながら猫を膝に乗せてニヤニヤしてる中年の方がバカっぽく見えるよねぇ』

鈴さん、それは…褒め言葉と受け取っておきましょう!

猫店員専用デスクでは、熟睡するチョボ六さん。

トークを聞きながら、ど真ん中で眠る読太さん。

この後、トークは本に関わる事について脱線していきます。
「Amazonの紹介は1300文字。だから詳しく説明できる」
「裏表紙のコードは分類も意味している」
などなど。
ちなみに”夢の猫本屋ができるまで”は「日本文学、評論、随筆、その他」に分類されているそうです。
とは言っても、どの本をどのジャンルに置くかは本屋さんの自由。
「猫の本って本屋さんによってあちこちに置かれるんですよね」と安村さん。
そこにお客さんから「どこにでもあるのは”猫”だから」とナイスツッコミが入りました!
安村さん自身”夢の猫本屋ができるまで”はノンフィクションの棚に入れて欲しいそうです。

『そろそろイベントも終わり?』

店員さん達が起き始めました。

チョボ六さんはキャットウォークへ…

ピョン!

『ねぇねぇ、それなぁに?』

Cat’sMeowBooksさんでの購入特典缶バッジに興味を示す読太さん。

『あ、あっちに鈴がいる』

自分お膝から降りた鈴さん。
キャットウォークからお客さんを見下ろしています。

『もうすぐトーク終わりみたいだよ』
『そしたらご飯だね』

ソワソワし始めた猫店員さん達。

最後は安村さん。
「”夢の”なんて付くと恥ずかしいけど、これを読んでもっと頭のおかしい人が出てきてくれたら嬉しい」
と締めて刊行記念トークは終了。

その言葉を安村さんの上でじっと聞いていた読太さん。

『ねぇ、ご飯まだ?』

猫さん達はご飯待ちタイムに入ってしまったようです。

トークも終了したし、Cat’sMeowBooksさんを後にするとしましょうか。
と思った所で、著者の井上理津子さんが来店!

サインをいただきました!

井上さんのお話も少し聞かせていただき、大満足のトークショーでした。
猫好き、本好き、本屋好きが集まったトークショー(一部ビール好きも)
面白かったです!
Cat’sMeowBooksさん、ホーム社の高梨さん、著者の井上さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!

『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』特設ページには他の刊行記念イベントも告知されています。
皆さんも参加してみてはいかがでしょう?

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。