« 前の記事:

次の記事: »


猫さんがいらっしゃる、とあるお寺にやってまいりました。

季節のお花がきれいなお寺ですが、紫陽花はあまりないのですね。

まずはご参拝。
本堂で手を合わせていると…

鍵尻尾のキジさんがやってきました。

本堂の前で寝転ぶキジさん。

『撫でてくださいな』

にゃぁと誘ってこられたので、撫でさせていただきます。

『気持ちいいですよ♪』

撫でていると、ゴロンとしちゃったキジさん。

モフモフモフモフ♪

いっぱいモフらせて頂きます♪

おや?視線を感じますねぇ。

黒白さんが鉢の間から見ていますよ。

本堂の前を移動する黒白さん。

なぜか狸さんの横へ。

今度は反対側へ。

『あいつはね、狸さんが好きなんだよ』

へぇ、そうなんですか。
では近くで写真を…

『撮りに行かなくていいから、もっと撫でて~っ!』

あ、すみません。

んじゃ、また撫で撫で…

モフモフモフ…

もういいかな?

『もっともっと~っ!』

擦り寄ってくるキジさん。

『もっと撫でてよ~』

スリスリして離れてくれません。

しょうがないですねぇ。
くっついてくるキジさんを撫でて続けます。

その頃、黒白さんは…
『さて狸さん、どうしよう?』

なにやら狸さんと会話していたのでございました。

ちょっと猫さんの写真を撮りたいと立ち寄ったこのお寺。
キジさんに擦り寄られ写真が多くなったので…
後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。