« 前の記事:

次の記事: »


とある路地。

猫さん達の姿が見えました。

黒さんと白黒さんがお食事しています。

パクパクパク…

モグモグモグ…

ムシャムシャムシャ…

『何見てんだよ』

黒さんが鋭い目つきでこちらを見つめている間も…
必死に食べる白黒さん。

余計なお世話だけど…
カリカリは容器に入れてあげた方が、猫さんにとってもご近所にとってもいいのになぁ。
なんて思っちゃった自分でございました。

ちなみに、この猫さん達。
約1年前にもお会いしています。
その様子は、こちらをご覧くださいませ。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

私もそう思いました。
地べたに直に、しかもこんなに広げてばら撒いた様に置いておくのは
見た目にも良くないし、猫ちゃんにとっても、ちょっと失礼な感じがします。
「ほれ!餌、撒いてやったぞ。食え!」とでも言っている様で・・・。

私は近所の見知りの猫ちゃんに「クリスピー・キッス」という
小袋に入ったおやつを時々あげますが、その時は必ず
自分の手の平の上に乗せて、手のひらをお皿にして
猫の口の高さまで持って行って 食べさせてあげます。
(位置も高い方が食べやすいと思うので。)
人間の手から、人の温かさなんかも感じてもらえたら嬉しいし・・。

>紅お蝶さん
ばら撒くとどうしても食べ残しが残ってしまうので、見栄えも悪いし衛生的にも良くないです。
残った分をカラスや鳩が食べたりしますし。
容器や、せめてチラシに乗せて、食べ残しを持ち帰るのが餌やりのマナーだと思います。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。