« 前の記事:

次の記事: »


とある駅前。

路地を眺めている猫さんが居ます。

キジさんです。

『さて、ご飯も済んだし。パトロールに行こうかな』

ご飯?

あぁ、確かにご飯が置いてありますね。

黒さんがお食事中です。

キジさんは?と言うと…
パトロール先はガード下のようです。

『今日も異常なし!カメラを持った変なおっさんがいるだけ』

カメラを持った変なおっさんは異常ではないんですね?
良かった♪

食事を終えた黒さんも歩き出しました。

『付いて来なくていいって言ってるのに…いつも来たがるんだから』

黒さんを見つめるキジさん。

『パトロール、一緒に行ってもいい?』

『ダメって言ってるでしょ!戻りなさい!』

黒さん、スゴスゴと戻っていきます。

キジさんは、ガード下をさらに奥に向かいます。

『あれ?何か気配を感じるね』

えっと…
後をつけてきた自分の気配でしょうか?

『あんたが後をつけてきたのは知ってるから』

あ、そうですか。
さすが毎日パトロールしているだけのことはありますね。

『向こうの気配は…ネズミかな?』

『縄張りをウロチョロするとは運が無いネズミだね』

『なんてたって、ネズミを捕るなんて朝飯前だからね♪』

いや、あなた朝飯食べた直後でしょう!

そんなツッコミを無視して、キジさんは何かを追いかけて隙間に入って行ったのでございました。

さっきの場所に戻ります。

おや?別のキジさんが残りを食べていましたよ。

自分の姿を見るなり隙間に逃げ込んだキジさん。

残念ながら、こちらのお顔は拝見できなかったのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。