« 前の記事:

次の記事: »


松山庭園美術館のお庭にやって参りました。

この日は浦安の猫実珈琲店さん、出張カフェの日。

素敵なお庭で頂く珈琲も格別でございました♪

店主の瀬古さんに「今日も歩いて来られたのですか?」と訪ねられてしまいました。
いや、今回は”手を見ただけで猫好きとわかる”某N氏と一緒ですから、無理せずタクシーで来ましたよ。
一人だったら歩いて来たかもしれませんが。

珈琲を頂いていると、お世話になっている佐竹茉莉子さんもいらっしゃいました♪
ご挨拶をするなり
「今日もここまで歩いて来たんですか?」
いや、今回は…以下略。
駅から約40分、松山庭園美術館まで歩いてくる人は、まず居ないみたいですね。
自分にとっては普通に歩く距離なんだけどなぁ。

なんて話していると…
あれ?佐竹さんの姿が見当たりません。
どこに行ったのかな?と思っていたら…

黒い仔猫を抱いて出て来られました!

この黒ちゃんは、クロマメちゃん(通称マメちゃん)
前回、サロンのテーブルの下に居た黒い物体です。

このマメちゃん。
先月美術館に保護された捨て猫4匹のうちの1匹。
モモちゃんが母親代わりとなり4匹の仔猫を育てたのです。
マメちゃんは美術館の子となり、他の3匹は里親さんの元で幸せに暮らしています。
詳しいお話は自分が書くよりも、佐竹さんの道ばた猫日記・モモちゃんの子どもたちを読んで頂いた方がいいでしょう。
ぜひお読みください。

ふと見ると、アイスコーヒーのストローにトンボが止まっています。

あぁ…とても安らぎますねぇ。

玄関先に目をやると、展示作品の解説をしていたみぃちゃんが外で休憩しています。

『猫実珈琲店さんも盛況のようで良かったね♪』

みぃちゃんを撫でる”手を見ただけで猫好きとわかる”某N氏。

みぃちゃん、気持よすぎて大あくび。

腰を撫でられ、そのまま眠ってしまいそうです。

そこに比木画伯がマメちゃんを連れてらっしゃいました。

みぃちゃん、くつろいでいる所を邪魔されたからか…
ご機嫌斜めですねぇ。

今はのんびりと一匹で過ごしたい時間だったようです。

マメちゃんは、猫実珈琲店さんのはなねこさんとツーショット。

猫実珈琲店店主の瀬古さんと目を合わせた後…

椅子を降りるマメちゃん。

この後、マメちゃんの兄弟の里親さんが来られるとの事。
マメちゃんと兄弟猫さんの1匹、久々の再会だそうです。

その間、檻に入れられちゃったマメちゃん。

『出してよー!一人じゃ心細いよー』

画伯が母親代わりのモモちゃんを連れてきて、マメちゃんを檻から出してあげます。
モモちゃんにくっつくマメちゃん。

そして、そのままお庭の探検に出かけてしまいます。

そのマメちゃんの様子を、優しそうに見つめるモモちゃんなのでございました。

モモちゃんの様子を見ながらくつろいでいると、マメちゃんの兄弟が里帰りして来ました♪
再会した2匹の仔猫はサロンで遊び始めます。
その様子は…明日ご紹介するとしましょう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

9~10枚目、黒い仔猫ちゃんを急に自分のところに連れて来られて
慌てふためくミーちゃんの、開いた右のお手手の 指の開き具合と
表情が・・・!!
いかにビックリしたのか・・という、その度合いを表している
と思いました。
のんびりと1人寛いでいたところに あまりにも予期せぬ事態
だったのでしょうね♪♪(^-^)

こんばんは。まめちゃん、かわいいですね。あの、もうしわけないのですが再度、入院となってしまい、こんかいも赤茄子、行けません。自分から御誘いしておいて、申し訳ありません。完全に体調が良くなったら、是非、ご一緒してください …

>涼さん
無理をなさらずに、お体をゆっくり治してください。
お大事に。
良くなったらぜひ!

>紅お蝶さん
ホントだ。右手がビックリして開いちゃってますね。
それでも場所移動しないで、入り口でお客様を迎えるみぃちゃんはプロですねぇ。
仕事の邪魔されて怒っていたのかも!

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。