« 前の記事:

次の記事: »


とある公園。

茂みの中に、まだ若いキジさんがいらっしゃいました。

あ、気づかれた。

逃げちゃうかな?と思ったら…

こっちにやって来ます。

『遊んでくださいな♪』

人懐っこ猫さんのようです。

ならば、プラチナストラップで…

『いただきっ!』

食いついて来ましたよ♪

『えいえい!』

気がつけば、すぐ近くに遊ぶキジさんを眺めるサビさんが居らっしゃいました。

君も遊ぶかい?

『遊んでなんかいらないも~ん』

近寄るのが怖いのか、ほんとに遊んでいらないのか、微妙な距離を保ったまま動かないサビさん。

キジさんは相変わらずストラップに夢中。

『これ楽しいよ♪遊ばないの?』

やっぱりサビさんは遊んでくれません。
サビさんが遊んでくれないなら…ストラップを引っ込めましょうか。

『ダメっ!まだ遊ぶの!』

ゴロンゴロンし始めたキジさん。

では今度はモフらせていただきましょう!

前脚掴み後ろ脚キックをされてしまいました。

でも、隙を突いてモフモフモフ♪

『ふぅ』

ちょっと一服のようです。

『さぁ続き続き!まだまだ遊ぶよ!』

また近寄ってきちゃいました。
それなら…

と言う所で写真が多くなってきたので後編に続きます。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。