« 前の記事:

次の記事: »


前回からの続きです。

プーさんがシェフの猫食堂は繁盛しているかどうか確かめる為に、別の日にまたこの路地を訪れました。

路地の真ん中にシャムさんがいらっしゃいます。
ちょうどプーさん食堂の位置。

でも…手前にいらっしゃるキジ白さんも気になりますね。

ちょっと写真撮らせていただきましょう。

あらら?隅の隙間を覗いてゴソゴソし始めました。

このキジ白さんも500円玉を落としてしまったのでしょうか?

500円玉、無事発見できたようです。咥えて持ち出すキジ白さん。

『変なアテレコするでない!道草食ってただけ』

キジ白さんに睨まれて…さらに隠れられてしまいました。
シャムさんの方に目をやるとしましょう。

路地の真ん中にたたずむシャムさん。

どうしたんだろう?
近づいてみます。

茶トラさんがプーさん食堂でお食事中の為、順番待ちをしていたんですね。

『まだかなぁ』

『早く食べたいなぁ』

『ごちそうさま♪』

茶トラさん、お食事が終わったようです。

順番が来たシャムさん。
プーさん食堂でお食事開始。

やはりプーさん食堂は猫さんに大人気みたい。

お味の方もいいみたいですね、茶トラさん!

あれ?茶トラさんがもう一匹いらっしゃいますね。

『ご飯食べた次は、この自転車の下が休憩場所なんですよ』

そうなんですか。
奥の茶トラさんもご飯食べた後で休憩中なんですね。

『さて、食後の珈琲をいただこうかね』

珈琲ですか?ペットボトルの烏龍茶しか無いけどそれで良ければ…
なんて脳内アテレコしながら、この路地の猫さんを見て楽しむ自分でございました。

この路地の辺りはホント猫さんが多い地域でございまして。
ちょっと歩いて別の路地に入り込むとまた別の猫さんが!
18時更新の次回は、その別の路地猫さん達をご紹介しましょう。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ものすごい数の外猫さんですが、みんな家猫ということはあり得ないですよね。ということは町内共通で育ててる「町内家猫」なんですね。

>なりひらさん
順番にご紹介はしましたが、猫さんがいらっしゃる路地は、まぁまぁ離れています。
世話している方も別の方々です。
『町内猫』と言うよりも『番地猫』って感じでしょうか。
猫よけは殆ど見かけなかったので『路地猫が居るのが当たり前』になっている街なんでしょうね。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。