« 前の記事:

次の記事: »


前回の公園から一気に南下します。
途中よく猫を見るスポットを通ったのですが、残念ながら猫さんにはお会いできず。
まぁ通り過ぎただけで巡回しなかったのでこれはしょうがない。

夕暮れの中、向かった先は東上野の青果店大津屋さん。
閉店作業の真っ最中。

バイクの荷台で片付けの監督をするのが、看板猫のナナさん(6歳)

『ん?お客さん?』

『今日はお店もう閉まっちゃったよー』

『また今度、営業中に来てね。ちゃんと買い物もしてね』

『さて、私もそろそろ仕舞おうかねぇ』

『今日の売れ残りは…無し!』

『今日もよく売れた!よく働いた!』

よく寝た、じゃないんですか?

『寝るのが猫の仕事ですから』

ここでお店の方「猫は箱の中にねー」と箱を横倒しにすると、中に入っちゃったナナさん。

このままバイクに積み込まれ、バイクごとお店の中に撤収となったのでございました。

お店の方に「本(吾輩は看板猫である 東京下町篇)見て来ました」と言ったら、近隣の猫情報を色々お話しして下さいました。
そして…
『あの本買ったの?高いよねぇ。猫の写真だけなのに1000円もするんだもん!』
1000円ならそう高いと思わないんじゃ…とも思ったけれどもあえて言葉に出さず苦笑しておりました。
ナナさん、今度は店番してる姿を見に行きますねー。

さて、午後もかなり動きまわり喉が渇きました。
喉を潤すにはやはりビール!歩きまわった後のビールはたまりませんからね!
この日最後に向かったのは、この近くの看板猫が居るお店。

次回、その看板猫さんをご紹介して今回の放浪シリーズは終わりです。
次回の写真は少ないので、今日の夜にアップしちゃいますね。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。