« 前の記事:

次の記事: »


猫酒場放浪記、たまには新しいお店に…
と、やってきたのは新橋。
以前から噂を聞いていて、ぜひ訪問したいと思っていた”家庭料理てまり”さんです。
(お店の外からの写真、撮り忘れちゃった)

同行者の某N氏と一緒にお店に入って、まず生ビールを一杯。
ん?何か視線を感じます。
入口の方を見てみると…

キャリーの中から金色の目が光っています!

『やぁ、初めてのお客さんですね。ゆっくり呑んでいってください』

黒さん、ありがとうございます。
ゆっくり呑ませていただきますね。

でも…その前にご挨拶代わりの撫で撫で。

あれ?黒さんの後ろにも何やら猫っぽい影が。

『休んでる所邪魔するんじゃないよ』

チョビ髭の白黒さんが休んでいたのでした。

『あとで挨拶に行ってやるから、まず喉を潤して料理を食べてな』

そ…そうですね。
猫さんがいらっしゃるのも目的の一つですが、美味しい料理と居心地の良さの評判を聞いてやってきたのでした。

では席に戻…あれ?
上の箱にもキジトラさんが居らっしゃいますよ。

覗いてみましょう。

『覗いてないで席に戻りなさいって!ほら、料理ができたよ』

猫さんに諭されて席に戻ります。

てまりさんの料理は大皿料理がメイン。
カウンターの上にズラリと大皿に料理が盛られて並んでいます。
その中から、ガンモの煮物と肉豆腐。
そしてホワイトボードに書いてあったお刺身を盛り合わせで頂きます。

この肉豆腐が美味しかったですねぇ♪
ガンモもしっかり味が染みていてとても良い味。

料理もお酒も料金表示がなく、ちょっと不安になるかもしれませんが、料理は大体600円位のようです。
お酒も日本酒・焼酎が揃っていて、さほど高くない様子。
様子というのはちゃんと金額を聞いてこなかったからなので、今度は色々お店の情報も聞いてこようと思います。

お店は年配の女将さんと料理担当のマスターが切り盛りされています。
(お二人は親子だそうです)
女将さんがまたいい味を出していて、昭和のお母さんと言った感じ。
子供の頃に父親に連れられてきた飲み屋さんのような
そんな感じがするお店です。

女将さんやマスターとお話をしていると、必然的に猫の話になり…
「奥にも猫が居ますよ」
と言う事で、他にお客さんが居ないことを幸いに、奥の小上がりでくつろいでいる猫さん達を見せていただきます♪

キジさんとハチワレさんが一緒の箱でくつろいでる!

箱に縁に寄りかかってお休み中のハチワレさん。

まだ若い猫さんだそうです。

こちらは、ハチワレさんの足を枕に寝るキジさん。

ちょっと触っちゃいましょう。

『こらっ!寝ている所を勝手に触っちゃダメだよ!』

ハチワレさんに怒られてしまいました。

『さぁ、ご飯だよ♪』

あれ?入口横のキャリーで寝ていたチョビ髭さんがやって来ましたよ。
約束通りにちゃんとご挨拶に来てくださったのですね!

『約束?ご飯だから来ただけだよ』

ガクッ!

この時間、ちょうど女将さんが世話している外猫さんたちのご飯タイムのようで、外から別のハチワレさんがやって来ました。

茶白さんも登場。
ご飯を食べ始めます。

世話している外猫さん達も、みんな避妊去勢されているとの事。

おっと、外に置いてある箱の上にも別の白黒さんが居らっしゃいますね。

そしてチョビ髭さんはテーブルの下。

窓の上を見てみると…
時計の横にチョビ髭さんの写真が貼ってあります。

チョビ髭さん、愛されてますね♪

チョビ髭さんだけでなく、猫さん達みんな女将さんとマスターに愛されています。
そんな温かい気持ちが料理にも出ているようで…
美味しい料理と美味しいお酒を頂きながら、居心地の良さに、つい長居してしまうのでございました。

家庭料理てまりさん、明日に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。