2021年6月10日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

5月の週末。
西荻窪ミルチさんで晩御飯を食べながら看板猫ちゃいろさんの接客を受けております。

『さて、まだまだお仕事しますよ』

接客する気満々の、ちゃいろさん。

『ご来店感謝の舞い!』

伸び上がって手にスリスリして来ます。

『舞いだけではありませんよ』

え?そうなんですか?

『ほら、手を出してください』

手を出してみると…

『ゆっくりスリスリ~』

座ったままスリスリしてくださいました。

『続いて撫でてください。そうそう』

ちゃいろさん、撫でられてご満悦です。

『さて…』

あれ?終わりですか?

『接客のお仕事をしたらお腹が減りました』

『ちゃいろにおやつをください!』

お仕事の報酬として、おやつを要求しています。

『そう、これです!』

『早くちゃいろにおやつをください!』

『接客のお仕事の後のおやつはまた格別ですね』

おやつを食べ終わったちゃいろさん。
『満足です』

『ろっちさんも満足していただけましたか?』

は…はい。
ちゃいろさんの接客にお料理、満足しました。

『では、お帰りですね』

え?
あぁもう20時近くですもんね。

『お気をつけてお帰りを』

ちゃいろさん、近い近い!

お見送りしてくださった、ちゃいろさん。
ありがとね。
また会いに来ますよ。
ミルチさん、今回もごちそうさまでした!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。