2021年6月4日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

4月中旬の週末。
千ベロの聖地「立石」物語」読了記念に立石にやってまいりました。

宇ち多゛の看板と一緒に記念撮影。

この日残っていたおかずはシロのみ。
奇跡的に残っていたタンナマから煮込み、シロ生お酢、シロシオと続けます。

ダイコンショウガ乗っけてお酢だけ、シロ味噌、ブドウ割り、最後はシロ素焼き良く焼きお酢。
しっかり組み立てて、7皿と3杯でこの日も2000円。

満足して丸吉玩具店さんに戻ると…

サンペイくんが看板猫のお仕事中でした。

『おかえりなさい』

サンちゃん、お仕事ご苦労さま。

『こっちもチェックしなくちゃ』

お店の周りをパトロールするサンペイくん。

『中で純平が待っているから行ってやって』

はぁ、やっぱり待っているんですね。

『おかえり撫で係!待っていたぞ!』

中で待っていた純平くん。

『さぁ早く椅子に座りなさい!』

やっぱり座らなくちゃいけませんか?

『は?何を言ってるんだ?当たり前だろ』

『俺様が膝に乗る為に早く椅子に座りなさい!』

はいはい、座りますよ。

座った瞬間、でーん!

膝に乗ってきた純平くん。

撫で始めるとすぐにうっとりし始めました。

『うんうん、気持ちいいぞ!』

『たまらんねぇ』

純平くん、ベロが出てますよ。

『気持ちいいんだからしょうがない』

撫でられて変顔になる純平くん。

『クスクス…純平のあの顔、見ちゃいられないね』

横でサンペイくんが笑っています。

『あのバカ面ときたら…もう…クスクス…』

『このアホ!バカって言う奴がバカなんだからな!』

ほらほら、喧嘩はしない!
慌てて純平くんを止めながら…
後編に続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。