引き止め係のタビさん | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

猫さん達が暮らす、とあるお寺にやってまいりました。

右側のクッションと毛布の中には…

キジさんがいらっしゃいました。

とても眠そうなキジさん。

『起こしちゃダメだよ!』

声の方を見ると、井戸の上に猫さんがいらっしゃいます。

このお寺で一番の接待係タビさんです。

井戸から降りて自分の方にやってきてくださったタビさん。

指にスリッとして…

そのまま撫でさせていただきます♪

撫で撫で…

『うん、気持ちいいですよ』

ありがとうございます。

ところでタビさん、お寺の皆さんは忙しそうにされていますね。
『明日、月例の合同ペット供養があるからね』

あぁ、その準備で忙しそうなんですね。
タビさんもお手伝いするんですか?

『もちろん法要のお手伝いするよ!』

やっぱり。

『でも今は…』

はい、今は?

『みんなの邪魔をしないように、あんたを引き付けておくお仕事だね』

あらら、皆さんの邪魔にならないように自分を引き止めていてくれたんですね。

大事なお仕事、ありがとうございます。

タビさんをひと撫でさせていただいて…
お寺の皆さんの邪魔にならないように境内を出たのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。