« 前の記事:

次の記事: »


猫の広場で膝乗り猫として人気だった、ぶーちゃん。

昨年10月に体調を崩し家猫さんへ。
おうちのなかで療養し、体重も増えて元気に過ごしていたそうですが…
先日、虹の橋を渡ったそうです。

保護時の診察で「12~13歳くらいでは」と言われたぶーちゃん。
猫の広場に現れたのは6年ほど前だったそうで、8歳位の時に広場に来たのでしょうか。
その人懐こさから想像すると、捨てられたのかもしれません。

猫好きの人を見抜いて、すぐに膝に乗って来てくつろいでいたぶーちゃん。

自分も一杯乗っていただきました。

捨て千代母さんとも仲良しだった、ぶーちゃん。

広場横の塀でまったりしていることもありました。

ぶーちゃん、思い出をいっぱいありがとう!

家猫として過ごした最後の1年間、ぶーちゃんにとっても幸せだと思います。
自分も家の中で過ごすぶーちゃんの写真を見せていただき、とても嬉しかったです。
ぶーちゃんを迎え入れてくださったnyanko1226さん、ありがとうございました。

ぶーちゃん、安らかにお休みください。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


No tags for this post.

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ぶーちゃんの追悼特集をありがとうございます。
ろっちさんにも、とても懐いていたようですね。
ホントに優しくて、いい子でした。

>nyanko1226さん

ぶーちゃん、自分の膝には乗ったり乗らなかったりと結構気まぐれでした。
やっぱり女性の方が好きだったみたいですね。
でも、膝の上で寝てくれたのは思い出にいっぱい残っています。

ぶーちゃんを迎えてくださって…
看取ってくださって…
ありがとうございました。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。