« 前の記事:

次の記事: »


大雪の後、とある公園にやってまいりました。

雪吊りに雪が!

これは江戸南部式と兼六園式をミックスした雪吊りですね。

木の枝が折れないように、枝に直接縄を張るのが兼六園式。
雪国の雪吊りの殆どは兼六園式です。
江戸式の雪吊りは、実用より鑑賞を目的としたもので、枝の回りにブチと呼ばれるすそ周りを竹なので設置し、そこに縄を結びつける方法。
帆柱の先端、縄の編込み装飾により、江戸北部式と江戸南部式があります。

以上、雪吊り豆知識でした。

と、雪を楽しみつつ公園を歩いていると…
雪の重みで折れた木の上に、茶トラさんが乗っているのを見つけました。

首輪をつけた茶トラさん。
この公園に住んでいる猫として可愛がられている猫さんです。

足元の悪い中、わざわざ出てきた暇人(自分も含む)のいい被写体になっています。

『ん?またカメラを持った人が来たね』

『このおっさん…とても暇そうだな』

『木の上でモデルになるのも飽きたし…』

何やら考えてらっしゃるような茶トラさん。

『今から行くからそこを動くなよ!』

ニャーとひと鳴きして…

移動し始めました。

折れた木をつたって、こちらにやってきます。

茶トラさん、雪で冷たいから降りてこなくていいですよ!

そんな声も聞かず…
尻尾を立てて降りてきちゃいました。

『暇そうなおっさん、撫でてくださいな』

擦り寄って来ちゃった。

喜んで撫でさせていただきますよ♪

大人しくなでられる茶トラさん。

『もっともっと撫でてよ!』

はいはい、もっともっと撫でますよ。

なんか数時間前にも同じような事をしていた気がするんですが…
まぁ気のせいでしょう。
あれは俺様だったし。

『他の猫の事なんか考えないで、ちゃんと撫でてください!』

あ、これは失礼しました。

俺様の事なんか考えないで、茶トラさんを撫でるのに集中しますね。

雪の中、撫でられて満足そうな茶トラさんでございました。

後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

この子の名前は「チャッピー」と言うんですよ!(^-^)
公園に住んでいるおじさんと仲が良いそうです。
チャッピーには、同じ茶トラの「カジカジ」という
兄弟がいて、いつも一緒に行動をしていたのですが、
1年くらい前に カジカジファンの方が、どうも
勝手にカジカジを自分の家に連れて行ってしまった様で
餌やりの方達も、少し立腹していたようです。

カジカジと離れ離れになってしまってからのチャッピーは
半年くらい、いつも哀しそうに泣いている様な目をしていて
とても元気をなくしていました。(/_;)
見ているこちらも 写真を見ていて辛い気持ちになりました。
最近は少し立ち直った様子です。

>紅お蝶さん
以前にもこの公園の猫さんのお名前教えて下さいましたが、この公園猫さんには詳しいんですね!
チャッピーさん、おじさんといつも仲良くしている姿は見ていましたが、兄弟と別れ別れになってしまったのですか。
お家の子になるのはもちろん良い事ですが、周りの人達が心配する事も考えて欲しいな、とは思います。
一人だけいいことだと思って行動するのではなく、関わっている人たちみんなに相談して、猫さんが幸せになる方法を考えて欲しいですね。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。