« 前の記事:

次の記事: »


一昨日の記事で立石の丸吉玩具店さんにお邪魔する前。
裏の公園を覗いたら…

ゴミ箱の上に茶トラさんがいらっしゃいました。

って、キンちゃんじゃないですか!
何やってんの?

ゴミ箱に頭を突っ込むキンちゃん。

『いい物見っけ!』

何やらくわえてゴミ箱から飛び降ります。

鮭の骨でも見つけたのかな?
くわえて歩いていくキンちゃん。

茂みの中に入って味わっています。

『もっと奥に行って食べようっと』

んじゃ自分も壁際に行って…

後じゃよくわかりませんね。

前に回ってみましょう。

『ハグハグハグ…』

 美味しそうに骨をかじっているキンちゃん。

キンちゃん、ゴミ箱なんかあさらなくても丸吉さんに行けば美味しいご飯もらえるよ。

『うん、それはわかっているけどね』

『ゴミ箱あさりはボクの趣味活動なのです』

『あ~…骨が引っかかっちゃった』

ほらもう…
一緒に丸吉さんに行って取ってもらおうよ。

『もう取れたから大丈夫。後でバイトに行くから、ろっちさんは先に行っててね』

そのまま茂みの奥に行ってしまったキンちゃん。

丸吉さんに行って、店主の晴美さんに聞いてみると…
キンちゃんのゴミ箱あさりは本当にキンちゃんの趣味なんだそうです。
そしてキンちゃん、自分が帰ってから看板猫のアルバイトにお店に来たとか。
キンちゃん!もっと早くバイトに入ってよ!
でもまぁ、趣味活動を見れたからいいか。
と、よくわからない事で満足してしまった自分でございました。

さて、今週の看板猫さんご紹介はここまで。
明日はお寺の境内でモフモフさせてくださったキジさんをご紹介します。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。