« 前の記事:

次の記事: »


今回はとある暗渠…と言うか、川跡を歩いていた時にお会いした猫さんを3匹ご紹介。

まずはキジ白さん。

塀に寄りかかってお休みされています。
時間的にご飯待ちかな?

『見かけない人が来たね』

『変な機械でこっちを見つめているし…』

ちょっと警戒態勢のキジ白さん。

『隠れておこうっと』

ほんのちょっとだけわかりにくい場所に移動して、ご飯の人を待つのでございました。

川跡を歩いていて見かけた看板。

猫に餌を与えないではよく見ますが、犬とは。
人懐っこい飼い犬さんが、おやつをねだっているのかもしれませんなぁ。

こちらは川跡の支流の暗渠。
暗渠に入り込み、背後に気配を感じて振り返ると…

黒猫さんが塀から降りて道路に出ていく所でした。

散歩の犬をやり過ごし…

左右確認して表に出ていった黒さん。

慌てて追いかけたのですが…
自分が広い道に出た時には、既に姿を消していたのでございます。

こちらは緑道散歩中にお会いしたキジさん。

お顔をよく…と思ったら、すぐに隠れてしまい写真はこれだけ。

今回は写真も少なく、穴埋め企画のようでしたが…
いや、実際穴埋め企画というか、こう言う記事もたまには出さないと猫さんの写真が埋もれてしまうので。
たまにこんな記事もありますので、って事でご勘弁。

今日は川跡の猫さんをご紹介しましたが…
明日は大きな川の畔の猫さんをご紹介するとしましょう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。