« 前の記事:

次の記事: »


とある駅で降りた時の事。
(前回の記事を読んでいる方にはバレバレですが、あえて駅名は書きません)

電車を降りて改札を出たら…

三毛さんがいらっしゃいました!
おおっ!
改札出れば、そこに猫!

しかも写真撮ろうとしゃがんだら、三毛さん近寄ってきてくださいます。

ちょっとだけ撫でさせていただけました♪

撫でさせて頂いた後、三毛さんは改札の方に向かっていきます。

三毛さ~ん、簡易Suica機にタッチしなくちゃ!

『職務だからいいんですよ』

え?職務なの?

ホームでお客さんが全員改札を出たかチェックする三毛さん。

そのまま電車を見送ります。

しっかりと駅猫の職務をこなしている猫さんですねぇ。

電車を見送った三毛さん。

『次の電車が来るまで休憩』

駅を出て行きます。

そのまま駅猫詰所と思われる、駅の裏まで歩いていく三毛さんでございました。

この駅、駅猫の情報は全く聞いていなかったので、猫さんがいらしゃってビックリ!
駅員さんによると「飼い猫のような半野良のような近所の猫が遊びに来ている」との事でした。
駅に行けば必ず会える、と言う訳ではないようですので、三毛さんにお会いできたらラッキーなのかも。

改札を出てすぐに猫さんにお会いできた自分はとてもラッキー!
これは幸先が良い!と向かった場所もとても素敵な場所(前回までの記事の場所)で、これまた幸せ。
この日は、特に猫運に恵まれていた日でございました♪

さて、駅猫さんをご紹介したので次も駅猫さんと行きましょう。
次回は、この後に放浪した場所で3年半ぶりにお会いした駅猫さんの写真をお届けします。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。