愛が足りない ~9月のはやちゃんち・中編~ | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

9月の週末。
武蔵新田はやちゃんちでランチ猫呑みを楽しんでおります。

『ビフテキもできたわよ』

看板猫バサラさんが教えて下さいました。

はやちゃんち、看板メニューの一つビフテキ!

レアで柔らかいお肉がとても美味しいのです♪

『今日はお肉ばっかり食べているわね』

そんな冷ややかな目で見ないでください。
普段野菜もちゃんと食べていますからね!

『あ、ママのお仕事が終わったわ♪』

尻尾を立ててママさんを待つバサラさん。

バサラさんが大好きだというブラッシング開始です。

『気持ちいいわねぇ』

うっとりするバサラさん。

では、自分もブラッシングさせていただきますね。

あれ?ママさんの時と表情が違う…

『なんかね、愛が感じられないのよねぇ』

不満そうなバサラさん。

では、もっと愛をこめてブラッシング。

『あ、ママが厨房に行っちゃった』

どうも自分のブラッシングには不満そうなバサラさん。

『やっぱりママにブラッシングしてもらうほうがいいわ』

お座りしてママさんを待ちます。

バサラさん、もう一回ブラッシングさせてくださいな!

『う~ん…気持ちいいけど…やっぱり…』

『愛が足りないわ!』

床に降りていったバサラさん。

『ろっちさんの手にはブラシよりもグラスの方が合ってるわね』

そうですか?
ではハイボールを頂いて…
次回に続くとしましょう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のコメント

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。