2021年5月8日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

4月の週末。
小岩の友の湯さんに入浴後、特別に許可を頂いて猫さん達にご挨拶しております。
(猫部屋の外からの撮影も必ず許可をもらってください)

ミーニャさんを撫でモフ♪

『もっとモフってくださいな』

はいはい、モフモフ…

『ちょっと場所が違いますねぇ』

え?そうですか?

『もうちょっと下です』

ここかな?

『そう、そこが…いいですねぇ』

目を細めるミーニャさん。

こんな感じでゴロンとしてモフられています。

『もっともっと!』

はいはい。モフモフモフモフ…

『ねぇ、まだ他のみんな紹介してないよ』

ウニちゃん、そうですね。

ミーニャさん、チョット待っていてくださいね。

『え?やめちゃうんですか?』

そんな目で見られると撫でるのやめにくいんですが…

『ご飯食べて待ってますよ』

ミーニャさんがカリカリを食べている間に、残っている猫さん達にご挨拶です。

ゴン太くんは…熟睡していますねぇ。

ペコさんは猫ハウスでおくつろぎ中。

この白い物体は…

クリリンさんでした。

寝ている所すみません。

パンちゃんは爪とぎの中でお休み中。

『みんなの紹介済んだ?ミーニャさんが待ってるよ』

ウニちゃん、やっぱりミーニャさんは待っているんですね。

お待たせしましたミーニャさん。

指をペロッと舐めてくれたミーニャさん。

またまた撫でさせていただきます。

『お礼に毛づくろいしてあげるね』

自分の手をペロペロ。

撫でてペロペロ♪


ミーニャさんとお互い毛づくろいをしあいながら…
次回に続くとしましょう。
(特別に許可を頂き撮影しています。猫部屋の外から撮影する場合も必ず許可をもらってください!)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。