昭島市・昭和湯の看板猫こまちゃんに会いに行ってきた | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

立川の猫本屋さんに立ち寄った後は、青梅線で東中神に移動。
昭島市の昭和湯さんにやってまいりました。

「幸せを沸かして、60年」

釜の前で看板猫こまちゃんが眠るポスターはとても素敵。
もう一枚、新作のポスター「シャワーをつかんで立たないで」もあったのですが…
脱衣所にしか貼られてなかったので撮影できず。
残念。

薪で地下水を沸かした柔らかいお湯にのんびり浸かった風呂上がり。
カウンター奥の棚でお休み中の看板猫こまちゃんにご挨拶します。

お休み中の、こまちゃん。

『あれ?パシャパシャって音がする…』

スマホのシャッター音に目を覚ましたようです。

『写真撮ってるの?』

カメラ目線をくださった、こまちゃん。

『ちょっと待ってね』

左手を伸ばした、こまちゃん。

『はい、どうぞ』

ポーズを取ってくださいました♪

『どう?』

とても可愛く撮れましたよ!

『良かった』

向きを変えてお休みになった、こまちゃん。

続いてご主人に構われます。

楽しそうな、こまちゃん。

ご主人も楽しそうに笑顔で、こまちゃんを撫で撫で。

お風呂で体を癒やし、風呂上がりにこまちゃんに癒やされました。
昭和湯さん、ありがとうございました。
またいいお湯とこまちゃんに体と心を癒やしにお邪魔します。
次回はコーヒー牛乳もいただきますね!

参考
さくらいまさんのTOKYO銭湯物語コミック編

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。