« 前の記事:

次の記事: »


某所、かつては1.5キロほどを縄張りとして君臨していたボス。

震災以降、自分が関わってきた馴染み猫さんのうちの一匹。

この地域の工業組合連合会さんが、猫を減らすために不妊手術代を助成して下さり、ボスも何回かトライした後に無事去勢されました。

今では心も体もまん丸になっています。

もともと人には慣れた猫でしたが、今では自分から擦り寄ってくるくらい丸くなりました。

このボス、推定10歳くらい。
歯が抜けて歯茎に炎症を起こし、ご飯が食べられないくらいになっていましたが、これも某工業組合連合会さんのご協力により治療・投薬をしております。

今ではモリモリご飯を食べるボス。

去勢前は、子分達がご飯を食べた後に残ったご飯を食べていたボスですが…
今はみんなと一緒に食事します。

『あの頃はワシも意気がっていたもんさ』

そしてボスは…

ついに膝乗り猫さんに♪

『この膝は立石の若い者に独占させるにはもったいないからねぇ』

膝に乗りご満悦のボス。

使いこなした肉球も、しっかり見せてくれます。

『でもなぁ、ボスの座はまだ譲ったわけじゃないんだよ』

『わかってるな!』

わかってますわかってます!

たまに来る他所者は追い払い…

子分達を可愛がるボス。

茶白さん、しっかりボスを慕っていますねぇ。

お気に入りの猫ハウスから顔を出すボス。

最近は、手からご飯を食べてくれるようにもなりました♪

色んな意味で丸くなったボス。

不妊に関わった以上、やっぱり長生きして欲しいと思います。
ボス、そして他の猫達。
これからもよろしくおねがいしますね。
そして、とてもお世話になっている某工業組合連合会さん。
ありがとうございます!これからもよろしくお願い致します。

被災地でも被災者でもありませんが、この猫さん達と深く関わるようになったのは、やはりあの日がきっかけでした。
震災とは関係ないけど…でも震災がきっかけであった事は確か。
だからこそ、3.11は忘れることが出来ません。

みんなが「出来る事をやろう」と、出来る事をやり始めたあの日。
あの日の事、あの日からの事を忘れてはいけません。
「今自分が出来る事は何か?」
それはまず…忘れない事。

忘れないで下さい。あの日の事を。
そして、あの日からの事を。
まだ終わってはいません。

2011年3月11日に発生した東北関東大震災におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま及びそのご家族の方々に心よりお見舞い申し上 げます。

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ふーん。
ろっちさんとはわりかし近い位置にいたんだねえ。(・∀・;)
地震発生時は、銚子のあの猫に会う為、玩具物色中だったのであります。
ひとつ前のは彼処かな。今回のボス君の住まいはあの橋の下かなと思いながら見てました。

いやぁー。さすがボス猫だけあって、お顔に迫力がありますね!
私が近所で関わっている外猫ちゃん達は、皆、メス猫ちゃんで
本当に皆、可愛い雰囲気とお顔をしていますが、
このボス猫さんは絶対に「可愛い」と言う形容詞は使えない風貌です。
鼻の下のチョビ髭も男らしさに拍車をかけているようです。
だけどろっちさんの足の大きさ比較すると、そんなに
大きな猫さんではないようですね。

しかし存在感のある「ボス」ですね♪(=^・・^=)

>めぐりんさん
そうです。結構ご近所みたいですよ。
一つ前の場所は秘密。
ボスの住まいは…多分想像通りかと。会いに来てやってください♪

>紅お蝶さん
いやいや、猫さんはみんな「可愛い」でいいんですよ♪
ボスもボスたる風格を醸し出していますが、膝に乗って甘えてくるとやっぱり「可愛い」です。
写真で見ると小さく見えるけど、結構大きな猫さんなんですよ!体重も5キロ以上。去勢前は筋肉質でガチガチの体型でした。
紅お蝶さんが関わっている猫さん達は女の子ばかりなんですね。今度お会いしに行きたいなぁ。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。