« 前の記事:

次の記事: »


久しぶりに動物供養をしているお寺にやってまいりました。

小鳥の供養塔の前に、白黒さんが居らっしゃいます。

お花の匂いを嗅ぐ白黒さん。

『虹の橋を渡った小鳥さん達も、いい飼い主さんに恵まれていたんだね』

供養する方々をご案内している白黒さん。

このお寺には2匹の猫さんがいらっしゃるようです。

今回お会いしたのはラッコちゃん。

ラッコちゃん、小鳥の供養塔から動物慰霊碑の方に歩き出しました。

慰霊碑の前に佇み、何かを想うラッコちゃん。

『おじさんも手を合わすの?』

あ、そうですね。
ラッコちゃんに夢中で大切な事を忘れていました。
ちゃんと手を合わすとしましょう。

『なら、手を清めなくちゃね』

『ペロペロ…はい、これで手を合わすといいよ』

自分の手を綺麗にしてくださったラッコちゃん。
お礼を言おうとしたら…
奥の方に行ってしまったのでございました。
何故かと言うと、ご飯の用意がされたからなのでございます。

このお寺の猫さん達、食事制限中だそうです。

お会いしに行っても、ハズレの人でいてくださいませ。

今回もラッコちゃんにしかお会いできませんでした。今度来る時には、おチイちゃんにも会いたいなぁ。
そう思いながら、お寺を後にしたのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

大きな橋の近くのお寺さんですね。
最近は行っていなかったのですが、お寺さんのにゃんこ、2匹になっちゃったんですね。

>めぐりんさん
このお寺には以前そんなに猫さんが居たのですか?
自分は2年ほど前からしか行っていないのですが、その時から2匹でした。

2匹になっても、お参りに来る皆さんにも可愛がられて幸せに暮らしているようですよ♪

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。