« 前の記事:

次の記事: »


とある駐車場、猫さんの姿を見かけました。

魚の切り身を貰って食べているようです。

『魚の切り身、怖いなぁ。怖いよう』

キジ白さん、魚の切り身がそんなに怖いのですか?

『あぁ、怖い。怖いから食べて退治してやる!』

『あぁ美味しい…じゃなくて、怖かった』

『ほっぺたが落ちるくらい怖かったよ』

ほう、そんなに怖いなら、自分も切り身を買ってきて怖がらせてあげましょう!

『いや、切り身はもう怖くない。今度は熱いお茶が怖い』

『な~んてね』

『猫舌なんだから熱いお茶飲めないよなぁ』

そうですよねぇ。
猫だから…行灯の油の方がねぇ。

『そう、行灯の油をぺろ~りと…』

『って、何言わすねん!』
ペシッ!

『それは尻尾が分かれた猫さんが舐めるもの!』

『ホントに…こんなネタ振られるなんて…』

『わたしゃ悲しゅうて…』

『悲しゅうて…』

『もう、あんたとはやっとられませんわ!』

勝手に退場していったキジ白さん。

尻尾は2つに分かれていないけど、2つの鈴カステラが…
と、オチをつけようとしたのですが…
どうやら鈴カステラは無かったようなのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。