« 前の記事:

次の記事: »


ヅラさんやハチワレさん達とお花見を楽しんでいると…

色っぽい目のキジ白さんが現れました。

桜が咲き始めの頃にモデルになって頂いたキジ白さんです。

『やっぱり桜の下で一番映えるのは私だからね』

この日も落ち着いてモデル猫さんをしてくださいました♪

『なんか賑やかだね。ごはんかな?』

あっ!サビ”性格の悪い”母さんが登場です。

古株の三毛さんもお顔を見せてくださいました。

でも…この二匹は桜の方に行ってくれません。

反面、キジ白さんはベンチの上でしっかりモデル猫中。

『青空だったらもっと良かったのにね』

そうですね。
でも、今年はこの不安定な天候のおかげで桜を長く楽しめたのだから。
曇りでも桜と猫さんがいらっしゃれば十分ですよ。

角度を変えてキジ白さんをパチリ。

今度はベンチから降りた姿を。

『おや?サビ母さんとにらみ合いですか?』

キジ白さん、戦闘準備!?

いや、撫でてくださいとこっちにやってくる準備でした。
キジ白さんをしばし撫でさせて頂きます。

それを見ていたサビ母さん。
『ご飯じゃないなら、私ゃもう行くからね』

立ち去ろうとするサビ母さん。
待って!
サビ母さんもなんとか桜をバックに!

『しょうが無いわね』

毛繕いのポーズではありますが、ちょっとだけモデルをしてくださったサビ母さんでございました。
こののサビ母さん、性格が良くてよかった♪

さて、キジ白さんにもご挨拶をして公園を後にするとしましょう。

次回は、この近くでお会いしたまだ若い猫さんをご紹介します。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。