« 前の記事:

次の記事: »


水飲み場も凍る1月下旬。

渋谷区の住宅街を歩いていると…
小さな公園に猫さん発見!

『リーダー!カモが来ましたよ!』

『おっさん!出す物出さないとここは通させないぜ!』

すごい迫力!これが噂のチーマー猫さんですか?
で…出す物って何出せばいいの?

『しらばくれやがって…ここはリーダーにガツンとやってもらうか』

『リーダー!お願いします!
・・・・・・
リーダー!』

『ん?』

『え~…コホン。
おっさん、俺達腹減ってるんだよ。
出す物出さないと…』

『その顔に俺の縞と同じ傷が付いちまうぜ!』

『さすがリーダー!迫力が違う!』

と、その時。
年配の女性がご飯を持ってやって来ました。

『わ~い♪ごはんだ~♪』

以前はこの公園に住み着いている猫さんにご飯を上げている特定の方がいらっしゃったのですが、その方が体を壊してから猫好きの方々がバラバラにご飯を上げるようになってしまったそうです。
ご飯を上げる方々が顔を合わせているうちに、曜日によってご飯をあげる人が決まるようになり、今は毎日分担してご飯を持ってきているとか。
『その中に金髪のお兄さんがいてね。パッと見は怖いんだけど、ニコニコしながら猫にご飯上げてるのよ~』
と、話す女性も楽しそうな笑顔でございました。

『美味しかった♪』

毎日ちゃんとご飯をもらっている猫さんズ。
どうやら、なんちゃってチーマーだったようですね。

次回はこの近くの神社…では猫さんにお会い出来なかったので、ちょっと離れた神社でお会いした猫さんをご紹介します。

(2012/1月下旬撮影)

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。