« 前の記事:

次の記事: »


サバ白ちゃんとサバ1号。
01
こういう触れ合い見ているとサバ1号がお母さんに見えるんですが…
以前見た時は2号と一緒に居たんですよねぇ。
やはり1号と2号、一緒に育てているのかしらん?

ガシッ!
サバ白を抑える1号さん。
02

抑えこんで自分の手をペロペロ。
03
何をやっているんだろう?

またまたガシッ!
04

首筋にカプッ!
05

逆側にもカプッ!
06

抱え込んで背筋にもカプッ!
07
何か教育の一環なんでしょうか?

1号と離れたサバ白ちゃん、茶キジとご挨拶。
08
1号2号だけじゃなくて、3姉妹で育ててるの?

でも…
2号のとこは素通り。
09
尻尾踏んでますけど…

やはり1号の側がいいようで、尻尾を舐めてもらってご満悦のサバ白ちゃん。
10

だんだん体が斜めになっていって…
11

ゴロン。
12

1号におしりを舐めてもらっています。
13

1号が自分の毛繕いをしようとすると…
その前に立ちはだかるサバ白ちゃん。
14

もっと舐めて!って感じでかまってもらっていました。
15
こうして見ると1号の子供にしか思えないんですけどねぇ。
でも以前は2号に世話されていたし…
果たしてお母さんはどっち!?

あ、公園のチビが続いたので…
あっちのチビの写真も一枚貼っておきますね。
16
お母さんにご挨拶しないでチビの居る場所にいきなり行ったら、お母さんが後からやってきて
『あんたなんでここにいるの?』
って感じでビックリされてしまいました。
やはりチビに会いに行く時は、お母さんの承諾を得た方がいいようですなぁ。

(2011/06/下旬撮影)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。