純平くんと最後にお会いした日・前編 ~9月の丸吉猫さんズ~ | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

9月の週末。
2週間毎に会いに来るよ、の約束を守って立石の丸吉玩具店さんへ。
この日が純平くんにお会いした最後の日になってしまいました。

『撫で係~っ!』

すぐに純平くんが出てきました。

『さぁ早く俺様を…』

撫でるんですね?

はい、撫で撫で♪
『うんうん、気持ちいいぞ』

『じゃなくてだな!』

バリバリ爪を研ぐ純平くん。

『早く俺様を膝に乗せなさ~い!』

はいはい。
どうぞ!

『うん、この場所こそ俺様の定位置!』

『う~ん…ちょっとポイントが違うな』

『ちゃんと心を込めて撫でているのか?』

あ、すみません。
久しぶりにお会いする方とお話していたんで、ちょっと疎かになってしまいました。

心を込めて撫で撫で撫で♪
『うんうん、これこれ!』

『たまらんねぇ』

いつもどおりヒゲをビンビンに前に出して撫でられる純平くん。

『次は反対側をだな…』

こっちですか?
『そうそう!』

『膝の上は暑くなったから一休みだ』

レジ台に移動した純平くん。

じゃぁ撫でなくてもいいですね!
『何を言っているんだ』

え?

『ここで撫でるに決まっているだろ!』

あ…そうなんですね。

『さぁ早く俺様を撫でなさい!』

わかりましたよ。撫でますよ!

と、手を伸ばした所で後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。