« 前の記事:

次の記事: »

9月の週末。
久々に先生に会いたいなぁと大泉学園へ。
Cafe Mo.freeさんにやってまいりました。

『いらっしゃいませ』

ご挨拶してくださったのは看板猫・なつさん。
通称「先生」
本名の”なつ”よりも先生と呼ばれることが多い猫さんです。

『何を頼みますか?』

足元をうろつきながらオーダーを取りに来てくださった先生。

そうですね。
もふり書房のツイートで気になっていた
「日本文学とスイーツセット 1000円」
にしましょう。

『マスター、日本文学とスイーツセット入りました』

並んでいる古書から日本文学を選択。

あ、新美敬子さんの写真集があります。
これにしましょう!

『日本文学…まぁいいけどね』

先生が許可してくださいました。

ありがとうございます!

お礼に撫でさせていただきます。

『あ…なんかいいね』

あれ?先生、うっとりしてる?

カウンターにペタンとしちゃった先生を撫で撫で♪

さらにモフモフ♪

うっとり顔の先生。

お腹もモフモフ♪

先生をうっとりさせる事ができるなんて思ってもいませんでした!

『何事も成功するまでは不可能に思えるものさ』

そうですね。
でも…これは自慢しちゃいそうな嬉しさです!

『歳とってやっちゃいけないことは「説教」と「昔話」と「自慢話」』
すみません。
自慢話は止めておきます。

『あなたにできることをしなさい。今あるもので、今いる場所で』

はい。今できることは先生をモフること。
モフモフモフ…

モフリながら肉球の写真も撮らせていただいて…

後編に続けると致しましょう。

なつ先生のお言葉は先生のツイートからお借りいたしました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。