« 前の記事:

次の記事: »


ちょっと遅れてしまいましたが、残念なお知らせです。

立石の地域猫として愛され、最近は丸吉玩具店さんの看板猫を務めていたリカちゃん(13歳)
2/28(水)の朝、虹の橋を渡ったそうです。

2/24くらいから体調を崩していたリカちゃん。
店主の晴美さんに撫でられながら息を引き取ったそうです。

先月半ばにお会いしに行った時のリカちゃん。

この時はまだ元気で顔をすり寄せてくれたり…

外にも出て来ていました。

外でもいろんな方に撫でられていたのですが…

もう会えなくなってしまいました。

長い尻尾とフサフサの毛、人懐こさ人気猫だったリカちゃん。

2年前、真ん丸だった頃の写真。

ご近所の方々だけでなく立石を訪れる方々にも大人気でした。

ずっと外暮らしだったのですが、昨年キンちゃんが虹の橋を渡ったのと入れ替わるように店内へ。

ナッちゃんやキンちゃんの意思を継いだかのように看板猫のお仕事をしていました。

今頃、虹の橋の向こうでキンちゃんや…

憧れのナッちゃんと一緒に遊んでいるでしょう。

リカちゃん、これまでありがとうございました!
これからも残った猫さん達を見守ってくださいね。

寂しくなりますね。丸吉さんにそう問いかけると…
「外の猫達もあと数匹になりました。みんな居なくなるまで見届けないとね」
TNRという言葉が広がる前からご近所の外猫を不妊手術してきた丸吉さん。
猫を見守るという事の重みを感じさせられるお言葉でした。

 

もう一匹、残念なお知らせが入ってきました。
新橋の家庭料理てまりさんのオニイチャン。
こちらも2/28(水)の晩、虹の橋を渡ったそうです。

オニイチャンも12歳か13歳位。

昨年くらいから急に人懐こくなり、寝てばかりのチマさんに変わりしっかり営業なさっていたオニイチャン。

腎臓が悪く投薬中だったそうですが、回復までは至らなかったそうです。
チマさんと困った顔ブラザーズ(自分が勝手に命名)として愛された猫さんでした。
安らかにお休みください。

最近、高齢期に入った馴染み猫さんの訃報が続きます。
12~3歳は人間に換算すると60歳後半。
やはり体に無理がかかってくる時期なのでしょう。
なんとか元気で長生きして欲しい、そう思いながらお店に通ってお金を落とすようにしています。
決して呑んだくれたいからお店に通っているわけでは…では…
話がズレていってしまいそうなので…

虹の橋を渡ったリカちゃん、オニイチャンのご冥福をお祈り致します。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。