椅子の上からトンネルの中から ~10月の湯処じんのびさん・その3~ | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

10月の休日。
西新井・湯処じんのびさんに入浴後、看板猫さん達にご挨拶しております。

『ノリのおもちゃで遊ぶよ!』

自分の手を狙うノリマキちゃん。

『こっちだね?』

ひげをビンビンにして自分の手を見つめ続けます。

『この爪で捕まえるからね!』

爪の準備をするノリちゃん。

『さぁ来なさい!』

では、行きますか。

『来た来た!』

『えいっ!』

おっと、そう簡単に当たるものではありません。

『おかしいなぁ』

椅子に寝転がったままじゃ捕まりませんよ~

『じゃぁ今度はこっち!』

トンネルに潜り込んだノリちゃん。

上からガサガサさせてみましょう。

自分の手の影に狙いを定めるノリちゃんですが…

『えいっ!』

トンネルの中からじゃ捕まりませんよ~。

『なんで捕まらないんだろう?』

不思議そうにするノリちゃん。

またまた狙いを定めて…

『ここだね!』

トンネルの真ん中から顔を出しました!

『ノリのおもちゃ、あんな所にあった!』

トンネルから顔を出して自分の手を見つめるノリちゃん。

さて、自分の手はまたおもちゃとして遊ばれるのでしょうか?
続きは次回の完結編で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。