» 運河猫のブログ記事


昨年大晦日の猫散歩の様子をお届けしております。

とある公園にやってまいりました。
ここにも猫さんがいらっしゃるはずですが…

お会い出来ました!

美形のキジ白さんです。

ポーズを取ってくれたキジ白さん。

『ご飯の人…じゃないよねぇ』

はい、残念ながら違います。

『じゃぁここから見てるだけにしようっと』

茂みの中から自分を見つめるキジ白さん。
出てきてくださらないので立ち上がると…

おや?向こうの駐車場に茶白さんと白さんの姿が見えます。

『なになに?何やってるの?』

茶白さんがニャーニャー鳴きながらこちらにやって来ます。

『もしかしてご飯の人?』

いや、ご飯の人では…

『早くご飯をくださいな!』

だから、ご飯の人じゃないんですよ。
ほら。

『どれどれ…あ、お酒の匂いしかしないや』

茶白さんをかまっていると、いつの間にかキジ白さんが足元に来ていました。

『やっぱりご飯の人なの?』

いや違うんですよ。

ほら、お酒の匂いしかしないでしょ?

『そっか、ご飯の人じゃないのか…って撫でないで…』

『あ…なかなか気持ちいい…』

『喉も撫でてね』

はいはい、撫で撫で…

『気持ちいいけど、これでご飯があればねぇ』

ご飯の人はもうすぐ来ると思いますから、待っててくださいな。
お世話される方以外、ご飯あげるわけにはいけないのでね。

キジ白さんにご挨拶して立ち上がると、茶白さんの姿はすでになし。

散歩を続けましょう。
遊歩道ではキジ白さんに走り去られ…

食堂に頭を突っ込んでお食事中の猫さんのお尻を見て…

木の陰からはキジさんに睨まれ…

猫さんにお会い出来るものの、じっくりと写真を撮らせていただけないお散歩。

ここの猫さんなら!と思った場所は不在。

残念。
ここの猫さんは人懐っこいから会いたかったんだけどなぁ。

気がつけば数時間8キロほど歩いてしまいました。
銭湯で湯納めをして、2016年の呑み納めをするとしましょうか。

呑み納め、まず向かったのは…
次回のお楽しみということで。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



前回キジ白さんを撫でた場所。
別の黒さんもひなたぼっこ。

『あ、見つかっちゃった』

黒さん、さっさと隠れてしまいました。

別の猫小屋の上には、お歳を召した感じのキジ白さん。

別の角度で見てみましょう。

ちょっといい感じの写真を狙ってみますが…

『腕が伴っていないから、どういう角度で撮っても同じ写真になっちゃっているよ』

ごもっともでございます。

では、前回のキジ白さん達の方を見てみましょう。

相変わらずくっついてくつろぐ二匹。

『んじゃ、ちょっと撫でてもらおうかな』

キジ白さんに続いて黒さんも猫小屋から降りてきます。

まずキジ白さんを撫でていると、黒さんも近寄ってきてくださいました。

『変な顔だけど撫でるのは上手いから、黒さんも撫でてもらいなよ』

キジ白さん!変な顔は余計ですってば!

『んじゃ撫でてくださいな』

長い尻尾を立てる黒さん。

撫でさせていただきます♪

撫で撫で撫で…

『こっちも撫でて~っ!』

キジ白さんが手の下に潜り込んできました!

『撫でて撫でて~っ!』

自分の手の下に潜り込んで、地面にスリスリするキジ白さん。

黒さんを撫でながらキジ白さんも撫でる…
秘技・二匹撫で!

『秘技でもなんでもないけどね。気持ちよかったからいいよ』

黒さんも満足してくださったようです。
その後、またひなたぼっこに戻った二匹。

フェンスの向こうの方々も撫でられてみませんか?
『ひなたぼっこだけで十分気持ちいいよ』

日差しを浴びて気持ち良さそうな猫さん達。
自分もキジ白さんと黒さんをいっぱい撫でて満足したので、この場所から移動するとしましょう。
猫さん達、ありがとうございました!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



前回の茶トラさんとお別れして歩き出すと…

猫小屋の上に黒さんとキジ白さんを見つけました。

『あっ!変な顔したおっさんが来た』

こちらに歩いてくるキジ白さん。

『うわっ!近くで見るとほんとに変な顔!』

通り過ぎて行きました。

『もう一回見てこようっと』

Uターンして戻ってくるキジ白さん。

『変だけど…面白みがある顔だねぇ』

自分の様子をうかがって…って、余計なお世話です!

『変な顔のおっさんには近付かない方がいいよ』

そのキジ白さんを見つめる黒さん。

『変な顔は遠くから見るのが一番だよ』

フェンスの向こうには別のキジ白さんも。

『おっさんの顔には興味ないね』

茶白さんもいらっしゃいますね。

『あ~面白い顔だった!』

猫小屋の上に戻って一休みするキジ白さん。

『あの顔…もう一回見てこようっと』

でも、再び屋根から降りてきました。

変な顔ではないですよ!
キジ白さんが近寄ってきたので、手を伸ばして撫でてみると…

あらまぁ、気持ち良さそう。

どうやら撫でて欲しかっただけのようですねぇ。

『もっと構って!』

足に擦り寄ってくるキジ白さんを撫でさせていただきます♪

そのままゴロ~ンとしちゃったので…

モフモフモフモフ♪

『気持ちいいですよ~』

いっぱいモフらせてくださったキジ白さん。

ブロックにスリスリを繰り返した後…

『おっさん、変な顔だけど撫でるのは上手かったよ』

黒さんにご報告です。

『黒さんも撫でてもらったら?』『う~ん…あの顔に撫でられるのはちょっとなぁ』

『とりあえず毛づくろいして気持ちを落ち着かせよう』

日差しを浴びながら毛繕いを始めた黒さん。

さて、黒さんも変な顔のおっさんに編んでさせてくれるのか?
それは明日のお楽しみ!
ってさ、変な顔じゃないからね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある公園。
茶トラさんの姿を見かけました。

ご飯の人を待っているのでしょうか?
それとも、時間的にご飯の後?

何はともあれ…
指でご挨拶してみます。

茶トラさん、指の匂いを嗅いでくださったので…

そのまま撫でさせていただきます♪

喉を撫で撫で。

体も撫で撫で♪

でも茶トラさん。
日陰だと寒くないですか?
暖かい日向に行きましょう。

自分が移動すると…
茶トラさんは伸び~っ!

ズンズンズンと歩いてきます。

『ねぇねぇ、何して遊ぶの?撫でてくれるの?』

茶トラさん、近い近い!

はいストップ!

茶トラさんを撫でて止めようとしますが…

『カメラって面白そうだね』

カメラにスリスリしてくる茶トラさん。
人懐こいのは嬉しいけど、レンズに毛がいっぱい付いてしまいましたよ~。

スリスリするのが一段落した茶トラさんを再び撫でさせていただきます。

ずっと立って撫でていたら、ちょっと疲れてしまいました。
階段上になっている広場があるので、そちらに移動して座るとしましょう。

『あれ?行っちゃうの?』

茶トラさんも来ますか?

『もちろんです!』

茶トラさん、飛び降りて…

またまたズンズンと歩いてきます。

そして座った自分の膝に乗っちゃった♪

『もっと撫でてくださいな』

はいはい、喜んで♪
撫で撫で撫で…

スリスリスリ…

膝の上でもスリスリしてくる茶トラさん。
いっぱい撫でさせていただきました♪

『ふぅ、気持よかった』

茶トラさん、膝から降りて毛繕い。

日差しをいっぱい浴びて、気持ち良さそうに見出しを整えるのでございました。

『終わりじゃ無いよ。もっと撫でて!』

あ、またこっちに来ちゃった。
しょうがないですねぇ。
ここからはカメラを置いて、茶トラさんを撫でるのに集中した自分でございます。

茶トラさんを撫でた後、歩き出すとまた別の…
ここからは明日のお話。
お楽しみはこれからだ~っ!
いや、叫びたかっただけです。はい。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



前回、接待部長に『あっちにも猫が居るよ』と教えてくださった方に行ってみると…

キジさんがフェンスの前にいらっしゃいました。

誰かが敷地内に無断立ち入りしないよう見張っているのでしょうか?

『いや、そんな偉いもんじゃなくて、ただボーっとしているだけ』

『わたしゃ動かないから、あっちに居る猫見に行ってきなよ』

ホントに座ったまま動かないキジさんに教えてもらった方を見ると…

キジ白さんがゴロゴロ転がっています。

『あっ、見つかっちゃった!』

ベンチの前を歩いて行くキジ白さん。

『写真撮るなら撮るって言ってよ』

フェンスの前でポーズをとってくださいました♪
さて、君は他の猫さんを紹介してくれないのかな?

『紹介しなくてもすぐそこに居るよ。気が付かないの?』

え?すぐそこ?

振り返ってみると…

あ、居た。

『猫の気配に気付かないとは。あんたもまだまだだね』

猫ハウスから顔を出したハチワレさん。

後ろはどんな感じ?と見てみると…

新鮮さはないですね。はい。

んじゃ、白黒さん。お友達を紹介して下さい!

『他の皆は涼しい所で寝てるから出てこないよ!』

そう言ったハチワレさんも…
丸まってお休みになってしまったのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



久しぶりにこの場所にやって来ました。
今回は猫会議第1シリーズ・ただ今会議中。第2シリーズ・陽だまりのモデル猫さん達。第3シリーズ・盛り上がる猫会議・前編。に続くお話!
に、なる予定だったのですが…

あれ?会議が開かれていませんねぇ。

キジさんキジさん。
ここでいつも会議開いている丸猫芸能の猫さん達はどこに行ったのですか?

『あぁ、今日の会議は終わったんですよ』

『副社長がそこに居るから、ご案内しますね』

え?副社長?
あのバカ副社長でしょうか?

風の通り道で横になるその姿は…

やっぱりバカ副社長!

『副社長、お客様がみえましたよ』

『バカって言う奴がバカだから相手してやんない』

そんなどこぞのアホみたいな事言わないでくださいよ。

ほら、副社長は紫のバラの猫になって紅天ニャを上演するんじゃなかったんですか?

『紅天ニャ?原作が全く進まないからねぇ…』

『ネタ作る度に読み返すのも面倒だし…』

あ、自分の気持を代弁してくださってありがとうございます!

『まぁ今日は、接待部長と遊んでいってくれよ。お~い!』

『接待部長!この人を接待しておくれ』

『はい、かしこまりました!』

やってきたのは茶トラさんです。

『さぁ、思う存分撫でて下さい!』

『そうそう、喉も忘れずにどうぞ!』

『膝の上にも乗りますから、思う存分撫でまくってくださいませ!』

これって…自分が接待されていると言うよりも接待している感じが…

『あの接待部長、なかなかやるわね』

『どうだ?うちの接待部長の実力は?』

いや、なかなかの者ですねぇ。

『そうだろう!これから売りだそうとも思っているんだ』

おや?また新しい企画が?

『おっと、これは秘密秘密…フフッ』

バカ副社長、なんかこれまでと違って落ち着いた感じになりましたねぇ。
ではその秘密を暴きに、いずれ会議中にお邪魔するとしましょうか。

『さて、満足していただけましたか?あちらにも猫が居ますから会って行ってくださいね』

接待部長が教えて下さいました。
んじゃ、そっちの猫さんにお会いしに行ってみましょうか。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある緑地を散歩中。
花の写真を撮っていたら…
向こうにキジさんの姿を発見しました。

『怪しい奴は居ないな?』

『あ、ここに居た!』

キジさん、ここに座って何やら見張りをしている様子。

見張りと言う事は…
やはり直ぐ側に別の猫さんもいらっしゃいました♪

『なんだよ、気持よく寝ていたのに…見張りは何してんだよ』

眠そうにこちらを向く、箱に入ったキジさん。

『でも近づいて来ないみたいだからいいや』

『ぐぅ…』

発泡スチロールの箱の中で、3匹仲良くお休みになるのでございました。

『本当に!見張りの仕事はちゃんとしてもらわなくちゃ困るわ!』

更に三毛さんもいらっしゃいます。
この三毛さんも姉御肌のようですね。

『だってさ、見張ってたらすぐ近寄って来ちゃったんだもん』

ゴロンゴロンしながら反論するキジさん。

『言い訳していないで、さっさと見張りを続けなさい!』

『あんたのせいで怒られちゃったよ』

恨めしそうにこっちを見るキジさん。
ごめんねとご挨拶をして、この場を立ち去る自分でございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



丸猫芸能の猫会議を拝見させて頂き、NKRB(ネコロブ)48企画の特典体験を茶白さんにさせて頂きました。

では…
と満足して立ち去ろうとすると…

『満足したけど、まだ帰っちゃダメだからね』

え?まだ何かあるんですか?

『うん。でもその前に毛繕いして…』

『綺麗になったから、次は撮影会だよ!』

ポーズをとってくれる茶白さん。
NKRB48のCDやDVDを購入すると、撮影会もあるんですね。

『綺麗に撮ってくださいね』

もちろんですとも!
可愛いですねぇ♪

『えへへ…』

あ、照れた。

続いては…

ん?まだ特典があるのですか?

『モフモフ会第2弾です!』

あれまぁ、まだモフられたいんですか。

んじゃ、モフモフモフ…

『気持ちいいですよ~っ!』

両手を伸ばして気持ちよさをアピールする茶白さん。

『これから握手会です!はい、モフりながら握手!』

そんな無理言わんでください。

『無理なら押さえつけてやる!』

前足ホールド後ろ足キックを始めちゃった茶白さん。
えーっと…痛いですし…
特典を十分体験しましたので、もうこのくらいでよろしいでしょうか?

『あ、十分体験した?なら…もういいか』

ようやく開放してくれた茶白さん。

『総選挙も企画しているからね!忘れないでね!』

え?総選挙もあるんですか?
ネタが広がりすぎたなぁ。
バカ副社長の紅天ニャネタも、まだ膨らませていないし…
どうしたもんだか。
まぁ、それは、この場所でまた猫会議に出くわした時に考えましょう。

緑地の猫さん達。ありがとうございました!

一応言っておきますが…
丸猫芸能やNKRB48はフィクションです。
会社や企画は存在しませんのでご了承ください。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



前回までの丸猫芸能猫会議を拝見し、猫さん達おじゃましましたね。
と、立ち去ろうとしたら…

『ちょっと待って!』

丸猫芸能のやり手営業マンらしき茶白さんが行く手を遮りました。

『せっかく会議に参加してくれたんだからさ、NKRB(ネコロブ)48のCDやDVDを購入した特典を体験させてあげるよ』

え?CDやDVDも出るんですか?
んで、購入したら特典があるんですか?

『そう!猫をも触れる特典があるの!さぁどうぞ!』

なんかモフられたいだけで寝転んだ気がしますが…
まぁいいや。
猫さんが寝転んでいるのにモフらない猫好きは居ませんから。

モフらせていただきますね♪

『もっとモフモフしていいよ♪』

では、モフモフモフモフ…

『うんうん、気持ちいいです♪』

『腰の方だけじゃなくて、喉も撫でてね』

このモフモフ会。猫さんの方に特典があるような気がするのですが…

『そんな事考えないで、モフればいいの!』

あ、はい。
モフモフ撫で撫でさせて頂きます。

モフモフ…撫で撫で…

『モフるの上手いですね。気持ちいいです♪』

いやぁ、あちこちの猫さんをモフっていますからねぇ。

『次は背中をお願いします』

あ、背中ですね。
撫で撫で撫で…
って、これは絶対特典体験じゃなくて、撫でて欲しいだけでしょう?

『いやいや、これはネコロブの特典体験なんですよ~っ!』

寝転んで反論する茶白さん。

『モフられて…とっても気持ち良かった…』

『よーーーーーーーーーっ!』

急に伸びるから、後ろ足がフレームに入りきらなかったじゃないですか。

『いやぁ、満足満足♪』

満足して頂けましたか?
自分も満足しました!
ではこれで…

『何言ってんの!まだまだ特典体験は続きますよ!』

あ、まだ続くんですね。

え~っと…
今日は2回更新なので、夕方の更新に続くらしいです。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある緑地の遊歩道。
猫さん達が集まって、会議をしておりました。

『いや、もう会議は終わったみたいだよ。私は引退してモデルに専念しているからわからないけど』

前社長。
相変わらずカメラを向けるとモデル座りをしてくださいます♪

『はい、会議はもう終わったので、みんなひなたぼっこ開始ですよ』

キジさんも陽だまりに移動し、ヌクヌクし始めました。

『営業から戻りました!』

おや?会議は終わったらしいのに…
今度は茶白さんが登場です。

『社長!NKRB(ネコロブ)48の企画、テレビ局が乗ってきましたよ!』

茶白さん、若手ながらバリバリの営業マンみたいですね。

『そうか!TVが付けばNKRB48企画はもっと前に進む!みんな!寝転ぶぞ!』

喜びのあまり、ゴロンゴロンする猫社長。

『社長、遅刻して本当にすみませんでした!』

寝坊してきたキジ白さん。
まだ社長に謝っています。

『うん、猫だから寝坊はしょうがないよ。でも、君はNKRBでは隅っこね』
『ガーン!』

寛容だと思われた猫社長。
意外な厳しさを見せますねぇ。

『さ、会議はこれで終わり!みんなひなたぼっこして寝転ぶぞ!』

会議が終わって、ひなたぼっこに移行する猫さん達。

黒さんもぬくぬく。

遅刻してきたキジ白さんは、社長の側で何とか信頼回復を目論んでいるようです。

あれ?
この茶白さんは会議に参加していなかったですよね?

『フッ、私は別の企画を温めているのさ。そしてこの企画で…』

『おっと危ない危ない。この先は秘密』

『ん?あの茶白、俺様の”紫のバラの猫プロジェクト”に使えそうだな』

あらら、バカ副社長。
まだそんな事言っているんですか。

『紫のバラの猫として若手女猫を支援して、紅天ニャの上演権を手に入れるのが俺様の夢さ!』

『バカ副社長が、また何か言っているけど…』

『バカの夢ですから気にしないでくださいね』

『あいつも夢ばかり追い続けるのはいいけど…現実も見ないとなぁ』

前社長、重いお言葉ですねぇ。

『紅天ニャを上演して、この遊歩道を俺様の物にするのだ!』

遊歩道の真ん中で野望を叫ぶバカ副社長。

『うるさい!まじめに仕事しなさい!』
『あ、会長…すみません!』

会長に一括されてしまったのでございます。

『まぁあれでも可愛いとこあるから…また写真撮りに来てくれよ』

最後は前社長がニッコリと、モデル座りでご挨拶してくださったのでございました。

結果が出たのか出ないのか?
よくわからないうちに終わった今回の猫会議。
NKRB48企画は成功するのか?
そして、バカ副社長の紅天ニャ上演の野望は?
この2つの企画が絡みあい、芸猫界は大きなうねりを作り出す!

会社・丸猫物語・第四部をお楽しみに!

いや、あまり期待はしないでください。
今回のネタも前回から続けるのに結構苦労したので。
でも、またこの猫さん達の会議風景を撮れたら、第四部作りますね!

緑地の猫さん達。ありがとうございました!
『まだ帰っちゃダメ!』
え?まだ何かあるんですか?

今日も朝だけの更新。
明日は最後の声の主が登場します。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。