« 前の記事:

次の記事: »

5/4(月)の夜。
呑み仲間であり家庭料理てまりさんの常連でもあるO氏から
「今日の午後、チマが亡くなりました」
と、ご連絡をいただきました。

新橋、家庭料理てまりさんの看板猫チマさん。
14歳くらいだったでしょうか。

てまりさんに初めてお邪魔したのは2014年4月

上がチマさん。下は2018年に虹の橋を渡ったオニイチャン
困り顔ブラザーズと勝手に命名し、ブログに使わせていただきました。

看板猫として常にお客さんの側に居て、大好物のマグロを貰っていたチマさん。

カウンター席でお客さんと相席するのが得意の猫さんでした。

女将さんに抱っこされるのが大好きでした。

新顔の仔猫達の先輩として教育して、一緒に寝ていたチマさん。

2017年11月に発行された「猫と呑み助(はるやまひろふみ著)」の表紙も飾りましたね。

最後にお会いしたのは3/28(土)
外出自粛となる中、この日でしばらく行けなくなるなと思い訪問した日でした。

しばらく会えないけど、また必ず!そう思ってお店を後にしたのに…

この写真が最後になってしまいました。

チマさん、これまでありがとう。
呑んでいる時に横に居てくれてありがとう。
手からマグロを食べてくれてありがとう。
膝に乗ってきてくれるようになった時の嬉しさは忘れません。
いっぱいの思い出をありがとう。

安らかにお休みください。

てまりさんは現在休業中。
再開次第、チマさんの思い出と供に訪問しますね。
本当に…ありがとう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。