« 前の記事:

次の記事: »


とある暗渠となった川を散歩中。

猫さんとお会いしました。

『ご飯を待っていたら、知らない人が来ちゃったね』

まず茶白さんが目に入りましたが、奥にキジ白さんもいらっしゃいますね。

さらにキジさんも出現。

『あんた美味しい物持ってる?持っていない?』

『この顔は美味しい物なんか持っていなさそうだよ』

『この顔、回ってきた回覧板で見た事あるよ。ハズレのおっさんに違いないよ』

猫さんの間で回覧板?
その回覧板にハズレのおっさんの事が書いてあったの?
う~む…猫さんの世界には自分がまだまだ知らない事が多いですなぁ。

『ハズレのおっさんをからかいながら、ご飯が出てくるのを待つとしようよ』
『うん、いい暇つぶしになりそうだね』

『ボクはこんなおっさんでヒマつぶしたくないなぁ』

歩き出した茶白さん。

『あっちで毛繕いでもして、ご飯待とうっと』

ガレージに目をやると…

別のキジさんが現れました。
『ご飯なの?』『違うよ、ハズレのおっさんを見て暇つぶしてるんだよ』

『あ、これ食べられそう』
『それはゴミだから食べちゃダメだよ』

『不味~~~~っ!』

後から出てきたキジさん、ゴミを思わず口に入れてしまったようです。
ん?奥にもう一匹猫さんがいらっしゃるようですが…
お顔を見せてもらえませんねぇ。

『ねぇねぇハズレのおっさん。本当に何も持っていないハズレなの?』

後から出てきたキジさん、自分に問いかけます。

はい、本当に何も持っていないハズレです。

『なんだよぉ。回覧板に書いてあった通りか』

このキジさんも、しっかり回覧板見ていたんですね。
どういうこと書かれていたのか見てみたいなぁ。

『見せてやんないよ!ハズレのおっさんはあっち行け!キックキックキック』

自分、キジさんには嫌われてしまったようですなぁ。

『ハズレのおっさんが来てるんだって?どんな奴なの?』

今度は黒さんが現れました。

『ほう、これがハズレのおっさん。回覧板に書いてあったとおり、貧相で面白い顔だ』

ホント、どういう風に書かれていたんでしょうねぇ?
回覧板、見たいなぁ。

『猫にしか読めない文字で書かれているから、人間にはわからないよ』

『しかしまぁ、ご飯の期待せずに見ると、ハズレのおっさんも面白いもんだなぁ』

とてもひどい事を言われているような気がします。

そして、ガレージの奥に居たもう一匹の猫さんも表に出てきました。

君はこっちを見ないんですか?

『ハズレのおっさんなんかに興味無いも~ん』

興味が無いのもちょっと寂しい感じがしますなぁ。
って、かなりわがままな自分。

『さ、もうすぐお父さんが帰ってくるよ♪』

『ほら、帰ってきた!もうすぐご飯だ♪』

『と言う訳で、ご飯の時間になりますのでハズレのおっさんはお引き取りください』

ヒマつぶしの材料にされたハズレのおっさんは、あっさりと追い払われるのでございました。

ここの猫さん達、耳カットされてこのお宅でお世話されているようです。
ハズレのおっさんはこれで退散します。
暗渠猫さん達、お元気で。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。