« 前の記事:

次の記事: »


とある商店街にやって参りました。

お店の前で2匹の猫さんがくつろいでいます。
『誰か来たよ!』

『撫でてもらおうっと♪』

いきなり三毛さんが擦り寄って来ました。

んじゃ撫でさせて頂きますね♪

で…後ろでキジ白さんは何してんの?

キジ白さんを観察しながらも、三毛さんをいっぱい撫でさせて頂きます。

『はぁ、堪能した♪』

戻って行く三毛さん。

撫でさせて頂いた後は、モデルになってくださいます。

『気持よかった?』『うん、もうちょっと撫でて欲しいくらい』

なんですと?
もうちょっと撫でて欲しい?

んじゃ喜んで撫でさせて頂きましょう!

キジ白さんも撫でさせてね♪

『しょうがないから撫でさせてあげるよ』

『こっちもちゃんと撫でなさいよ!』

はいはい、三毛さんもちゃんと撫でますよ♪

『猫の喜ぶツボはわかっているようね。でも、もっと心込めて撫でなさい』

撫でられ慣れている三毛さんから、ちょっと厳しい一言を頂いた自分でございます。

この2匹の猫さんは、洋品店の看板猫さん達。
昨年に来た時はグミちゃんにしかお会いできなかったのですが、今回はメイちゃんにもお会いできて良かった♪
商店街のアイドルにもなっているようで、通る人が順番に2匹を撫でて挨拶をしていくのです。
グミちゃんとメイちゃん、ご近所の皆さんに愛されているのですね♪

この後通りかかった親子連れ。
男の子が「猫!撫でる!撫でる!」とグミちゃんとメイちゃんに近づこうとします。
するとお父さん「今から遊園地に行くんだよ。猫より楽しいよ」と男の子の手を引っ張ります。
男の子「やだ!猫撫でるの!」
お父さん「ここの猫はいつでも撫でられるでしょ?遊園地は今日しか行かないよ!帰りに撫でようね」
それでもグズる男の子。
お父さんは強引に抱き上げて駅へ向かっていったのです。
遊園地よりも猫を選ぼうとした男の子。
将来、いい猫ストーカーになるのでしょうね。

自分はこの後、近くの温泉施設に入浴。
風呂あがりにまたお顔を見に立ち寄ってみました。

グミちゃんが定位置でくつろいでいます。

気持ちよさそうにウトウトしています。

グミちゃん、ちょっと撫でてもいいですか?

『ちょっとだけだよ』

撫でさせてくれたグミちゃん。

『アイドルも大変だわ』

ため息をつかれたようでございました。

あ…よく見ると…
2匹を紹介してある張り紙がイラストから写真になってる!

熟女とのグミちゃんと若娘のメイちゃん。
これからも看板猫として商店街のアイドルでいてくださいね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

グミちゃんは熟女猫さんなのですね~^^♪
何となく、もう足腰も弱っていそうな「ヘタっ」とした座り方と
開いているのか開いていないのか よくわからないような
線みたいなお目目が、可愛い猫ちゃまですね!(*^_^*)

>紅お蝶さん
年齢を聞かなかったので何とも言えませんが…グミちゃんは動くの面倒なだけだと思いますよ。お年のせいもあるかもしれませんけどね。
そう言えばメイちゃんは目を開いてくれたけど、グミちゃんは開いてくれませんでしたねぇ。それだけ居心地が良くて気持ちいいんでしょうね。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。