« 前の記事:

次の記事: »


とある街。

犬小屋のの横に三毛さんが座っていました。

窮屈そうに座る三毛さん。

犬小屋に入ればいいのに。

『お姉さんが来るまで入れないの』

お姉さんを待つ三毛さん。
どんなお姉さんなんでしょうねぇ?

しばらくしてから行ってみると…
そのお姉さんが犬小屋でおやすみしてらっしゃいます。

この犬小屋は猫さんの寝床だったのですね。

『ゆっくり寝かせてちょうだい』

はい、近寄らないからゆっくりお休みください。
で…妹さんは…
別の場所でお食事中なのでございました。

この猫さん達。
以前駅前一等地一戸建ての美人姉妹でご紹介した三毛さん。
猫小屋は、とある焼き鳥屋さんの横にありまして。
店頭で焼き鳥を焼いており、いい匂いがしておりました。
その焼き鳥は…
ろっちさんが美味しくいただいたのでございます♪

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

お外の猫さんの為に犬小屋を使う・・・。
とっても良いアイデアですね~!!
今まで思いつかなかったです。
全体に屋根が付いているから、雨の日でも
小屋の中に入れば、雨を凌げますもんね♪
入り口に、厚めのビニール板(?)の様なもので 
暖簾をつければ 台風の雨風なんかも結構
防げるかも知れませんね♪(^-^) 

>紅お蝶さん
大きい犬小屋なら猫さんが数匹入っても大丈夫。
犬小屋をねぐらにしている猫さんは結構いらっしゃいますよ。
でも、冬はちょっと寒そうですねぇ。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。