« 前の記事:

次の記事: »


車の横の老猫さんにお別れをして、暗渠歩きを続けます。

車道から一段低い道。

暗渠ならではの風景。

この低くなっている暗渠道を歩いていきます。

飛び出した家を這うパイプ!

家もトタンも飛び出してる♪

こういう風景を楽しめるようになると、街歩きの幅がグッと広がりますよ。

ふと横を見ると…
はしゃいでる自分を見つめる猫さんがいらっしゃいました。

『道歩きながら”おおっ”とか言ってはしゃいでるよ』

『この道は変なおっさんがよく通るなぁ』

やはりカメラ持ってニヤニヤした人が一人で…もしくは集団で歩いて行くんですね♪

『答えてあげないもーん』

首輪をつけた銀色猫さん、返事をせずに茂みに隠れてしまいました。

お隣の家に入って行きます。

室外機に登った銀色猫さん。

『よし、ここでじっくり観察してやるとしよう』

猫さんを観察するつもりが、じっくりと観察されてしまう自分でございました。

銀色猫さんの写真を撮っていると…
背後から視線を感じます。

振り返ると柴犬さんがこっちを見ていました。

『何やってるの?』

『暇なら撫でてくれないかなぁ?』

側に行くと近寄ってくる柴さん。

『ねぇねぇ、撫でて』

手を差し出すと鼻をこすりつけてくる柴さん。

隙間から無理やり手を入れて、ちょっとだけ撫でさせていただいたのでございます♪

柴さんと遊んで振り向くと…
銀色猫さんの姿はありません。
暗渠に喜んで、猫さん見つけて喜んで、さらに柴さんと遊んで喜ぶ自分に呆れて姿を隠してしまったようでございました。

暗渠歩き、まだ続きます。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。