« 前の記事:

次の記事: »


前編からの続きです。

ひょんな事からテレビに出て大ウケ。
今や大スターになったと言う丸猫芸能の社長が歩いて来ました。

『ん?副社長、ちゃんと仕事しろよ』

繁みの中に声をかける社長。
やっぱりバカ副社長はそのままなんだ。

『おや?写真を撮ってらっしゃるのかな?ならこのままで』

社長はどうやら芸能界の方があっているようですね。

活き活きとしてらっしゃいます。

『社長、お待ちしておりました』

『これが社長と専務のコンビ芸・2ニャンベッドでございます』

2ニャンベッド…

いや…まぁ…
ほのぼのした芸ですねぇ。

ふと横に目をやると…
繁みの中に猫さんの姿が見えます。

回りこんで見てみましょう。

丸猫会長とネコネコエンタープライズの妹社長のようです。

今日は休日とあって社長もぐっすりお休み。

会長は…あれ?お仕事ですか?

いや、向きを変えただけでした。

ぐぅ。

よく働き休む時は休む。
社員のお手本になる経営陣でございます。

椅子の方に目をやると…
一旦降りていた社長がまたベンチに上ってきました。

『社長の椅子ならぬ社長のベンチ』

丸猫芸能社長…いまいち面白く無い。

『そうかなぁ?タマには大受けだったのに』

たまには受けるってこと?猫のタマさんに受けたってこと?
それとも多摩では大ウケ?
なかなか深い丸猫芸能社長のつぶやきを聞きながら…
後編に続きます。

なお、 この物語はフィクションであり、登場する団体・猫などの名称はすべて架空のものです。
しつこいけれど、念の為。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。