« 前の記事:

次の記事: »


昨年末、最後の紅葉を楽しみつつ猫散歩。
大きな池のある公園にやってまいりました。

天気が良くてとても気持ちいい日。

紅葉を楽しみながら池の周りを散歩します。

でも猫さんにはお会いできません。
この公園にも居るはずなのですが…

池からちょっと外れてみると…
ニャーという声が聞こえます。

あ、三毛さんがこちらにやって来ますよ♪

塀の段差と枝を乗り越えてやってくる三毛さん。

『よいしょよいしょ』

『いらっしゃいませ。撫でてください』

手を出すと顔を摺り寄せてくる三毛さん。

『もっと撫でろ~』

はいはい、またしばし撫でさせて頂きます。

『もっともっと!』

顔をスリスリして撫でる事を強要してくる三毛さん。

『早く撫でろ~』

『ほらここに手を出して』

え?そこに?
手を出してみると…スリスリ攻撃!
思いっきり甘えてくる三毛さんでございました。

いっぱい撫でさせてくれた後はポーズをとってモデルさんに。

『もっと撫でて欲しいなぁ』

見つめてくる三毛さん。
またちょっと撫でさせて頂きました。

『撫でて撫でて』と言いながらも、決してこちらに出てこない三毛さん。

このお宅の飼い猫さんなのでしょうか?
敷地内から出ないとはしっかり躾されてるんですね。

『あ、今度はあっちの人に撫でてもらおう』

自分には飽きちゃったのか、歩いてくるカップルを見つめる三毛さんでございました。

次回は池の周りを2周目でお会いした黒白さんをご紹介します。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

柵の上は歩いても決して外に出ないとは、確かに厳しい躾、
深窓の令嬢ですね。
そんな良家の子女にすりすりさせるとは、
ろっちさん、かなり凄腕のやり手でいらっしゃいますねえ。

>よっぱらいねこさん
躾の行き届いた良家の子女、もしやよっぱらいねこさんの生き別れの娘さんか?と思いましたが…
違いましたか。

深窓の令嬢を手玉に取るなんて、自分にとってお茶の子さいさい♪
なんてことはございません。
人懐っこい猫さんだったからこそですねぇ。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。