« 前の記事:

次の記事: »


賑やかな商店街にやって来ました。
人通りの多い通りからちょっと入った飲食店が集まる路地。

その路地にあるお寿司屋さんの前に、猫さんがいらっしゃいました。

クッションを敷いてもらって、くつろいでいる茶トラさん。

『お寿司食べに来たの?』

いえ、猫さんに会いに来ました。

『お寿司も食べなきゃ駄目だよ~』

眠たそうな目をしながらも営業を忘れない茶トラさん。

お店にはお客さんや従業員の方が頻繁に出入りしますが、全く気にかけずに横になっています。

お店の横の隙間を覗いてみると…
サビさんが熟睡中。

あ、起きた。

『もう…眠いのに邪魔しないでよ』

眠そうな瞳がとても色っぽいお嬢さんでございました。

さらに奥には黒さんがお休み中。

他にも数匹いらっしゃって、この辺りの従業員の方々にご飯貰っているとか。

ここも何度も通っているのに猫さんが居ることに全く気付いておりませんでした。
まだまだ修行が足りない、猫レーダーの精度をもっと上げなくては!と自分自身に言い聞かせつつも…
猫さんにお会いできるポイントが一つ増えた事を喜ぶ自分でございました。

今日はここまで。
明日からは、あの猫の街の住猫たちが登場します。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ろっちさん、それだけ精密なレーダーをお持ちなのに、
向上心が旺盛ですね。
それにしても確かに、猫レーダーは、
いくらでもいいのが欲しくなりますねえ。

>よっぱらいねこさん
路地猫さんは見逃したくないですから!
猫レーダーは高性能なものが欲しくなりますが…このレーダーを高性能化するにはお金が余りかからなくていいですね。
経験と言う、もっと大変な物がかかりますが…

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。