« 前の記事:

次の記事: »


団地猫シリーズの2回目です。

この団地、もともと風呂が無かったそうです。
ベランダに無理やりユニットバスを後付けした為に、配管やらベランダの強化やらで、凄い外観になっちゃったらしい。

ある意味、昭和中~後期らしい風景と言えますな。

おっと、こんな変わった物件の話をし始めるとまた止まらなくなっちゃいます。
猫さんの写真に軌道修正、と。

団地の隅で白さんとお会いしました。

オッドアイの白さん。

どこかにお出かけのようです。

茶トラさんとデートでした。

茶トラさん、花を一輪持っているように見えますね。
なかなかやりますな。

『さぁ、僕のお気に入りの場所にご案内しますよ』

先導する茶トラさん。

『素敵な場所に連れて行ってくれるのかな?』

白さん、後を付いていきます。

『ここ!』

『この自転車の脇がボクのお気に入りの場所なのです!』

自転車を素通りして、無言で道に出る白さん。

そのまま奥の繁みに消えて行ったのでございます。

『自転車の脇はすごくお気に入りなんだけど…紫陽花の横の方が良かったのかなぁ?』

うん、紫陽花の方が良かったと思うよ。

花を一輪持ってキザな待ち合わせをしたのに、デートの場所に失敗した長毛茶トラさんでございました。

今日はここまで。
次回は三毛さんの登場です。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。