« 前の記事:

次の記事: »


路地散歩をしていると小さな神社が目に入りました。

神社の前に黒猫さんがいらっしゃいます。

『露出オーバーですよ』

『今度はアンダー気味だねぇ』

黒さん、いろいろアドバイスしてくださりますが…

やはり明るい場所の黒猫さんは難しい!

上の写真で気がついた方もいらっしゃるでしょう。
境内にもう一匹猫さんがいらっしゃいます。

『撮るの下手な奴には…ベーッだ』

いきなり舌出しダメ出しっすか!?

どうやらこの神社の猫さん達、撮られ慣れているのか写真にはうるさいようです。

『うるさいのはブツブツ言ってるおっさんの方だよ』

あぁ…また陽のあたる場所に出てきたから、オーバーなのかアンダーなのかわからない写真に。
ブツブツブツ。

『まだブツブツ言ってる』

『ご要望通りに日陰に入ってやったよ!』

いや、黒さんのお顔はハッキリ撮れたのですが、手前の柱が白飛びしちゃって…
ブツブツブツ。

『せっかくの食後休憩の時間なのに、ブツブツ言うおっさんのせいでくつろげないよ』

え?食後だったのですか?

向かい側を見ると…確かにお食事用容器が置いてありますね。

『そう、食後の休憩中』

『だから邪魔しないでくださいな』

『あ、手にまだご飯がついてた』

『今日のマグロは旨かったなぁ』とペロリ。

ご飯の事を思い出す猫さん。
これ以上ここにいても写真のアドバイスは聞けそうにありませんね。
お休みの邪魔をしないように立ち去る事にしたのでございます。

18時更新の次回はこの近くでお会いしたガード下猫さんをご紹介します。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。