« 前の記事:

次の記事: »


駐車場にサビ猫さんがいらっしゃいました。

『ん?いつもの人と違うなぁ』

何か睨まれている感じ。

その近くの車の前には黒さんと白黒さん。

『お待ちしてました~♪』

『あれ?いつもの人と違うなぁ』

『ポーズとって損しちゃったかな?』

サビっぽいキジさんも登場。

『今日のごはんは何かなぁ?』

『お~い!そのおっさんはハズレ!こっちにごはんの人来てるぞ~っ!

『今日はそっちか!』『急げ急げ!』

『ごはん♪ごはん♪ごはん♪』

『置いて行かないでよ~』

ガリガリガリガリ

『食事の前は爪を研いでおかないとね』

『んじゃハズレのおっさん、さよなら~』

ごはんの場所に一目散の猫さん達でございました。

一年ぶりくらいに歩いたこの千住の街。
看板犬のさくらさんはご健在で撫でさせていただくことが出来ました。

でも…以前ご紹介した八百屋の看板犬プーさん。
震災の揺れのショックでお亡くなりになっちゃったんだそうです。
今頃のご報告ですが、プーさん安らかに眠ってくださいね。

(2011/11月下旬撮影)

次回からラブホ街と住宅街の境界線にいらっしゃった猫さん達をご紹介します。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。