« 前の記事:

次の記事: »


天空橋の猫さん、後編です。

自分の股の間に潜り込んだ猫さん。
しばらくくつろいだ後、階段の方へ。
01

風が気持ちよさそうです。
02

手すりにスリスリ。
03


コンクリートの上に上がって…
04

またスリスリ。
05

んで『撫でて』と甘えてきます。
06

階段でひと休み中の猫さん。
07

階段の外側からパチリ。
08

見上げてパチリ。
09
『何やってんの?』って顔がたまらんですねぇ。

続いて階段の柵の隙間から、と思ったら…
え?尻尾?
10

体勢を変えてらっしゃいました。
11

起きだして、船着場を歩く猫さん。
12
この写真だけ見ると東京の風景だとは思えないですねぇ。

上から猫さんを撮って、ふと堤防の内側を見ると…
茶白の物体が見えますねぇ。
13

『あ?なに?』
14

『人に見つからないように寝てんだから邪魔しないでよね』
15
はい、すみません。邪魔しません。

そうこうしてるうちに、さっきの猫さんが一周して戻ってきました。
16

ベンチに登ってゴロリ。
17

ここが猫さんの定位置だそうです。
18
通りがかったご近所の方が教えてくださいました。

天空橋駅利用の方々に可愛がられていると言う事でした。
19

ベンチに日差しが差してきて暑くなったのか、猫さん木陰に移動。
20
移動の途中に撫でようとしたら『撫でるのはもういい。寝る』って感じでしたので、構わないようにしましょう。

天空橋の猫さん、堪能させていただきました。
ありがとう!

(2010/06上旬撮影)

次回はこの近くにあるトマソンな物体をご紹介。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。