« 前の記事:

次の記事: »


海老取川の北側、新呑川の河口にやってまいりました。
なんて前回からの続きのように書いていますが、海老取川沿いに歩く道はないし結構距離があります。
JR蒲田&京急蒲田から、またはJR大森&京急平和島から森ヶ崎行のバスが一番利用しやすいかと。

さてさて、新呑川の河口にあるのがこの変な物体。
01
首都高速羽田線の現在は使われていない羽田可動橋です。
Googleマップの航空写真だとこんな感じに見えます。
羽田線のトンネル内渋滞緩和の為、空港入口からの車を橋で逃がすという形で作られたのですが、湾岸線開通によって交通量が減り使われなくなった可動橋です。
羽田空港国際線ターミナル開業で交通量が増え再び使われだすのか?そのへんはまだなんとも言えない様で。


可動橋の向こう、着陸しようとする飛行機が見えますねぇ。
02
ちなみに現在の可動橋は、鳩のおうちになっております。

固定の橋部分の切り口。
03

突き出した可動橋と京浜島。
04

上が可動橋に繋がる部分(現在使用されていません)
この右側に首都高とモノレールのトンネルがあります。
05
写真左側は大森緑道公園。

その緑道公園に猫さんが居ました。
06

『なにやってるのですか?』
07
可動橋の写真を撮りに来ました。

『はいはい、写真ですね。んじゃポーズを』
08
出来れば可動橋と一緒に写真を…

『しょうがねぇなぁ』
09

『はいここでどう?』
10

すみません!白飛びしちゃってます。
調整するんでもう一枚お願い!
『無料サービスはここまでです』
11
茂みに隠れていっちゃいました。
残念。

次回はこの大森緑道公園、北側でお会いした猫さんをご紹介しましょう。

(2010/05下旬撮影)

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

今日、次回紹介予定の場所に行って来ました。
何故か今年に限って、自分の行く先々で必ずと言っていい程、仔猫に出会います。

その次回紹介予定の場所でも3匹の仔猫に出会いましたよ。
大きさは、例の人工島の公園にいた3匹より、ほんの僅か小さかったです。
もちろん、撮影しましたよ。

前の方で説明した通り、自分にとって今年は仔猫の当たり年なので、整理出来ない状態に
近付きつつあります。

>まさはれさん
あそこにも子猫が居ましたかぁ。また見に行かないとなぁ。
まさはれさんにとって今年は子猫に出会う年なのかも!
タイトルも休日ぶらっと子猫撮ブログに変わったりして(笑)

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。