« 前の記事:

次の記事: »


◯庁の猫さんシリーズ。
今回は茶トラ(小)さん主役編の後編です。

ごろんごろんし続ける茶トラさん(小)
01


一休みかな?
02

『よいしょ』
03

勢いをつけて起き上がってポリポリ。
04

このまま起き上がるのかと思ったら…
またごろん。
05

見てるこっちが悶絶するようなポーズをとってくれる茶トラさん(小)
06

しばらくごろんごろんを続け…
07

あ、起き上がりました!
08

『よいしょ』
09

『ふぅ』
10
なんという脱力感なんでしょう。

『いい天気だねぇ』
11

君…猫じゃなくて飲み疲れたおっさんだろう?
12

うつらうつら
13

青い空とけだるそうな猫。
14
ビル街に何故かマッチしてますねぇ。

気持ちよさそうです。猫になりたい…
15

ポリポリと体をかいて…
16

また壁にペタン。
17
そのままズルズルずり落ちて…
またごろん。
18

『このポーズも気持ちいいなぁ』
19

すみません、自分そろそろ行かなくちゃいけません。
20

『あ、そうなの?いってらっしゃーい』
21

茶トラさん(小)の姿をもっと追いかけたかったんですけどね。
この後予定があったので泣く泣くこの場を後にしたのでした。

都◯の猫、次回は茶トラさん(大)とキジ白さんの物語です。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

私も猫飼ってますが、この壁にもたれかかってるポーズは珍しいですね。
都会のど真ん中でも元気に育ってほしいものです・・・

>まめさん
自分もいろいろ猫の写真撮ってきましたが、足を投げ出して壁に寄り掛かるってポーズは初めてです。

あと、東京で猫写真を撮っていて思うのは都心の猫ほど毛艶が良くて健康的だと言うこと。
お世話されている方の努力の賜物かもしれませんが、ちょっと人口が少ない場所に行くと猫さんの不健康度が上がるような感じがします。
もしかしたらど真ん中だからこそ元気に育っているのかもしれません。

つーかさぁ、足元にこれだけ猫がいるんだから『猫と人間が共生する◯庁』って宣言しちゃえばいいのにね。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。