« 前の記事:

次の記事: »


おばあちゃんの原宿・巣鴨。
おばあちゃんが集まるところは猫も集まっているのでは?と、またまた変な理論を組み立てまして訪れてみました。
今回は都営地下鉄で巣鴨に行ったので、三田線巣鴨駅北口改札の様子を。
01


平均年齢が高いエスカレーター。
02

さてと、メインストリートは人が多いから猫いないよなぁ。
横道に入りつつジグザグに進んでみましょうか。

おっと、早速三毛さん発見!
『あんた誰?』
03

『何しに来たの?』
04

『あっちにも変な人が…』
05

『で…なんの用?』
06

『ポーズなんてとってあげないよー』
07
微妙な距離をとりつつも、こちらに興味を抱いてた三毛さんでした。

こちら、ちょこまか動き回っていたチビちゃん。
08

なんとか止まった時に撮れた写真。
09

もう一匹、古葉監督状態のキジトラさん。
10

足をだら~んと横座り状態なのがたまらんですなぁ。
11

あれ?撮られるのはお嫌ですか?
12

『撮るならここで』
13
狭い所がいいんですね。

んでやっぱりここでも古葉監督?
14

お別れしようと思ったら見つめられてしまいました。
15

猫たちがたむろしていた食堂のおば…おねえさんが
「ここら辺に捨てられたのがご飯あげたら居ついちゃってね。お店の中まで入ってくるようになっちゃって。うちで魚もらって、裏の店で肉もらって、贅澤してるよこの子たちは」
と嬉しそうに話してくださいました。

魚と肉をもらって元気に生きていってくださいね。

巣鴨編、ちょっと長くなるかもしれませんがお付き合いくださいませ。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。