« 前の記事:

次の記事: »


京橋の猫シリーズ3回目。
最初から見たいと言う奇特な方は1回目からどうぞ。

今回は前回とは違う日の写真。
まずは土曜の夕方に訪問した時。
猫ちゃん通りには猫たちは居らず、駐車場に行ってみました。

黒白さんが駐車場の真ん中に居座っていました。
夕暮れ時なので大きな瞳の写真を撮る事が♪
01
この駐車場は黒白さんの縄張りなのでしょうね。


トコトコ歩いてきたキジ白さん。
前回紹介した猫とはちょっと違います。兄弟かな?
02
尻尾の短さに違和感感じます。もともと短いのならいいのですが、もしも不幸な事があって短くなったのだったら…

ちょっと心配だったのがこの猫さん。
03
他の猫さんは地域猫活動のおかげで毛並みもいいのですが、この猫さんは…
なかなか捕まらない、もしくは流れてきたばかりなのかもしれません。元気に生きて欲しいものです。

自分は猫写真撮った後に『撮らせてくれてありがとう』の気持ちもこめて募金するようにしています。
と言っても自分の昼飯代くらいの金額。自己満足でしかないです。
自分の会った猫さんが、平和に一生を全うして欲しいと言う気持ちだけ。
生き物を撮るってのはいろんな意味で難しいなぁと、猫を撮るようになって気づきました。

次はまた別の日、平日の昼に猫ちゃん通りを訪れた時の写真です。

日差しが強かったからか、この日のダンボール猫さんは机の下のダンボールの中に。
04

おや?植木鉢で囲まれた中にも猫さんが。
05

ここで日差しを避けているのでしょうか?
06

ちょっとだけカメラ目線を頂きました。
(つーか睨まれただけ?)
07

次回で京橋シリーズ終わりです。

(撮影09年9月)


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。