« 前の記事:

次の記事: »


横浜市営地下鉄ブルーラインの踊場駅。
またたびを食べた3匹の猫が踊っていたので踊場と言う地名が付いた、と言われています。
(現在『踊場』と言う住所はありません)
猫が由来の地名の為、踊場駅には猫のモニュメントがあると聞き行ってみました。
01


コンコースにある猫の目のモニュメント。
02

正面から見つめ合い。
03
1番出口・4番出口に向かう通路にあります。

4番出口に向かう階段、文字通り踊り場の天井に猫が。
04

見上げて撮ってみましょう。
05
これ、クルクル回れば楽しいのになぁ。

3番出口への階段の手すりでも猫が踊ってます。
06
よじ登っているようにも見えますが…。

外に出てみましょう。
1番出口。
07

3番出口。
08

明り取りの窓が猫の耳になっていると言う話ですが…ちょっと無理があるかと。

4番出口の上でも猫が踊ってました。
09

アップで。
10

2番出口はエレベーターのみ。
出てすぐ横に踊場の碑があります。
11

説明書き。
12

さて、猫に関係した駅に来たんだから近くで猫を見たいもんだ。
探してみましょうか。

駅近くの商業施設に、犬が居た。
13
散歩の途中でしょうか?
『かみます』って名前らしいです。
いや違うから。

近くには『踊場公園』があり、そこには『ニャンぱく砦』なる子供の遊び場が。
14

でも猫は居ない…。
細い道でも車が結構通ってるから猫は歩いてないのかなぁ。
と思ったら、横道を横切る猫さん発見!
15

先回りしたら猫さんビックリ。
16
この状態でしばらく見つめ合っていたのですが、一歩踏み出したら脱兎のごとく逃げて行ってしまいました。

結局見かけたのはこの黒さんだけ。
でもまぁ「踊場で猫と会う」と言う目的は果たせたので満足して踊場駅へ。

ホームには猫関係の物がないのかなぁ?と探すと…
猫は居ないが、はまりんが居た。
(はまりんは横浜市営地下鉄のキャラクター)
17

18

19

しかも乗った列車が、はまりん号。
20
(戸塚駅で降りた時に撮影)

猫を探しに来て、はまりんを見つけてしまった。どうしよう?
って感じでございました。

しばらく横浜シリーズが続く予定です。
よろしくお付き合いを。


No tags for this post.

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。