« 前の記事:

次の記事: »


会津鉄道放浪記(4)です。

「ばす駅長に会いに行くには午前中お客さんが少ない時が一番だろう」と考えて、ホテルの最寄り駅・七日町駅から8:14発に乗車。
これに乗れば駅長が居なくても次の列車まで待ちは30分ちょい。
さらに次の列車に乗れば湯野上温泉から大内宿に行くバスにも間に合います。

8:35芦ノ牧温泉着。
ばす駅長がお迎えしてくれました。
a1
列車のどこを見つめているんでしょう?

会津田島行きを見送る駅長。
a2

ご褒美に小林駅長からコーヒー用のミルクを貰ってます。
a3


ご褒美貰ってご満悦のばす駅長。
a4

ちょっと気合を入れて…
a5

列車が行った後のホームに異常がないか確認!
a6

『よし、大丈夫』と駅舎に戻るばす駅長。
a7

待合室の長椅子で一休みです。
a8

お休みになっちゃいました。
a9

『こいつず~っと写真撮ってるなぁ』
薄目で観察されてしまいました。
a10

お客さんが増えてきて起きてしまったばす駅長。
まずは身づくろい。
a11

駅長!かゆいのはわかりますが…はしたない格好ですよ!
a12

続きます。


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。