東京(北の方) | 街を歩けば そこに猫 - Part 2のブログ記事

9月の休日。
とある猫寺に来ております。

人懐こいシンノスケさんを撫で撫で。

キジ白さんは枯れ木の小枝で遊んでいます。

おや?尻尾の長い耳カットキジさんがいらっしゃいますよ。

ご挨拶しようとしたら移動しちゃったキジさん。

『知らない人に近寄られたくないなぁ』

ちょっと距離を取ります。

『なにやってんの?』

シンノスケさんがやってきました。

『ねぇ、この人大丈夫?』

シンノスケさんに尋ねる耳カットキジさんに指を出してみたら…

シンノスケさんが擦り寄ってきちゃいました。
『この人、撫でるの上手いよ』

シンノスケさん、ありがとうございます!

『じゃぁ、ちょっとだけ…』

撫でさせてくださった耳カットキジさん。

『おおっ?』

お気に召しませんでしたか?

『気持ちいいじゃない!』

満足していただけましたか!
ではもっと…

『次はこっち!』

あらら、シンノスケさんが来ちゃいましたよ。

ではまたシンノスケさんを撫で撫で。

耳カットキジさんは体を掻いて…

本堂前で一休みのようです。

『お酒臭い手のオッサン、まだ居たんだ』

おや?キジ白さんがやってきましたよ。

キジ白さん、耳カットキジさんと鼻チューでご挨拶。

『あいつらも一緒に撫でてもらえばいいのに』

その様子をみつめるシンノスケさんをなでながら…
後編に続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

9月の休日。
やってきたのは、もうおなじみとなった猫寺。

あれ?猫さん達の姿が見えないなぁ。
と思ったら、蓮の鉢の横にキジ白さんがいらっしゃいました。

キジ白さん、こんにちは。
今日は君しかいないのかな?

『シンノスケおじさんが、そこに居るよ!』

え?どれどれ?

すぐ近くにシンノスケさんがいらっしゃいましたよ。

『やぁ、また来たね』

はい、また来ましたよ。

ご挨拶代わりに撫で撫で。

『相変わらず気持ちいい撫で方するねぇ』

満足そうなシンノスケさん。

だんだん体が傾いてきて…

ゴロン。

こうなったなら、いつもどおりモフらせていただきます♪

『こっち側もね』

はい、撫で撫でモフモフ…

『気持ちいいですねぇ』

気持ちよさそうに撫でられるシンノスケさん。

おや?キジ白さんがこの様子をじっと見つめていますね。

君も撫で…

『もっと撫でてくださいな』

あらら、シンノスケさんが立ち上がって擦り寄ってきちゃいました。

はいはい、ではまたまたモフモフ♪

喉も撫で撫で。

気持ちよさそうなお顔に自分もホンワカしてしまいます。

『あれって気持ちいいのかなぁ』

またまた見つめていたキジ白さん。

君もこの指で撫でられてみるかい?

クンクンと指の匂いを嗅いだキジ白さんですが…

『お酒臭~い!』

体を引かれちゃいました。

『お酒臭くなんかないのにねぇ』

そうですよねぇシンノスケさん。

お酒臭くない手(多分)でシンノスケさんを撫でながら…
中編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

休日の猫散歩。
とある公園でハチワレさんを撫でモフしております。

立ち上がったら自分の方にまた寄ってきたハチワレさん。
再び撫でさせていただきます。

ゴロ~ンと横になったハチワレさん。

喉を撫で撫で…

そのままモフモフ♪

ひっくり返ってしまったので…

思いっきりモフモフモフモフ♪

胸からお腹もモフモフ♪

上から見ると、こんな感じに。

バンザイしてモフらせてくれるハチワレさん。

完全に仰向けになっちゃいました。

顎の黒い柄は、こんな感じになっていたんですねぇ。

『気持ちいいですねぇ』

ハチワレさんの開きの完成です。

角度を変えて見ると、こんな感じ。

完全にダレきっていますよ!

『気持ちいいんだも~ん』

魂抜けきってますね。

『生きてるぞ~っ!』

バンザイしてアピールするハチワレさん。

『ふにゃぁ』

伸ばした手を縮めて…

また魂が抜けちゃいました。

『あんた、無でモフが巧いねぇ』

お褒めくださって光栄です。

いっぱい撫でモフさせていただきましたが、そろそろ移動しなくてはいけません。
顔と喉をもうひと撫でして…

公園から移動するとしましょう。

『ありがとう。また撫でに来るように!』

こちらこそありがとうございます。
また遊びに来ますからよろしくね。

歩きだそうとしたら…
奥で見ていたキジ白さんがポリポリ。

この後、奥へお隠れに。

もう一匹のキジ白さんはゴロンと転がる犬さんをじっと見つめていましたが…

『ひっくり返って変な奴』

スタスタと歩いて、こちらもお隠れになってしまったのでございました。

思いがけず人懐こい猫さんにお会いできて大満足!
また会いに行きますからね。
耳カットの地域猫さん達、お元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

とある休日。
猫散歩をしていると、公園で猫さんの姿を発見!

手前にハチワレさん。
奥にキジ白さんが二匹いらっしゃいます。

『おや?見かけない顔だね』

はい、偶然公園に立ち寄った猫好きです。
はじめまして。

指を出してご挨拶すると、匂いを嗅いでくださったハチワレさん。

そのまま撫でさせていただきます。

撫でていると…

横になっちゃったハチワレさん。

首筋から喉を撫で撫で。

この様子を見つめる奥のキジ白さん達。

君たちも撫でられない?

『ん…遠慮しとく』

あら、そうですか。

『キジ白達はいいからさ、もっと撫でてよ』

催促してくるハチワレさん。

了解です!

撫で撫で撫で…

あ、体が伸びてきちゃった。

右手を前に出して気持ちよさそうなハチワレさん。

そのハチワレさんをモフモフ♪

モフモフモフモフ♪

『気持ちいいですねぇ』
ゴロンと転がるハチワレさん。

そんなに気持ちいいですか?

『とても気持ちいいですよ~~~っ!』

手をパーにして伸びてしまいました。

反対向きになったハチワレさんをまた撫で撫で。

その頃、奥のキジ白さん達は…

ピョン!

片方のキジ白さんは塀に飛び乗ってお散歩のようです。

『奥のキジ白はいいからさ、もっともっと撫でてよ!』

キジ白さんの様子を見に行こうとしたら、ハチワレさんがゴツンとしてきました。
では、もう少し撫でさせていただきますね。

ハチワレさんの撫でモフ、後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

8月の休日。
とある猫寺に来ております。

ご飯を食べ終えたシンノスケさん。
『ごちそうさま』

ペロリと舌を出した後…

ピョン!

本堂の前に移動します。

『さ、さっきの続きをどうぞ』

どうぞって…
まぁ喜んで撫でさせていただくんですけどね。

撫で撫で撫で♪

『うんうん、気持ちいいですよ』

『こっち側もね』

はい、撫で撫で。

『そうそう、喉の奥の方も』

撫で撫で撫で…

『たまらないですねぇ』

顔をスリスリしてくるシンノスケさん。

『ふぅ、満足』

満足していただけたようです。

『おや?黒が出てきましたね』

どれどれ?
シンノスケさんの視線を追うと…

お庭の通路に黒さんがいらっしゃいましたよ。

黒さん、ちょっとモデルに…

『やだよ~っ!』

黒さん、本堂の下にスルリと消えてしまいました。

暑い8月の休日。
他の猫さん達は涼しい所でお休みのようです。

本堂の番をするシンノスケさんにご挨拶して、猫寺を後にするとしましょう。
猫さん達、ありがとうございました。
また来月お会いしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

猫の広場の後は、おなじみのお寺へ。

本堂の前にシンノスケさんが寝転んでいました。
『あれ?お客さん?』

『ちょっと待ってね』

頭を掻いた後…

『さぁどうぞ、撫でてくださいな』

自分を見つめてくるシンノスケさん。

では、いつもどおり撫でさせていただきましょう!

撫で撫で撫で…

これまたいつもどおり、ゴロ~ンとしちゃいました。

はい、モフモフに移行です。

モフモフモフモフ…

『気持ちいいですねぇ』

うっとり顔のシンノスケさん。

『モフってもらったら、お腹が空いちゃいました』

カリカリの所に移動したシンノスケさん。

『食事するからちょっと待っててね』

お食事を始めたので…

別の猫さんを探してみましょう。

あっ!いらっしゃいました!

『え?なに?』

茶トラさん、ちょっとモデルになってくださいませんか?

『モデル?』

はい、ぜひ!

『こんな感じでいい?』

いいですねぇ。可愛いですねえ。
猫はねぇ、話しかけるとちゃんと反応してくれるんですよねぇ。

『変なモノマネして…このオッサン気持ち悪い…』

そんな…頑張ってモノマネしたのに気持ち悪いって…

『あっち行こうっと』

茶トラさん、似てないモノマネに呆れ返って行ってしまいました。

『ホント似てなかったね』

シンノスケさんからも突っ込まれてしまった自分。

ちょっとガックリしながら…
後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

7月の週末。
とある猫寺に来ております。

境内で遊び回るチビキジさん。

『うん、ここがいいな』

何がいいのかな?見ていると…

バリバリバリ!

爪とぎをはじめました。

一心不乱に爪を研ぐチビキジさん。

『あの子はまだ落ち着かなくてねぇ』

チビキジさんを見つめるシンノスケさんを…

撫で撫で♪

おや?茶トラさんがこちらを見ていますよ。

君も撫でてほしいのかな?

『違うよ。暑苦しいオッサンだなぁって見てるだけ』

あ、そうですか。

おや?シンノスケさん達が手桶のチェックをしていますよ。

『お盆だからね。墓参客を迎える準備しなくちゃ』

お仕事に忙しい…のかな?

チビキジさんは手水舎のチェックのようです。

『うん、今日もかわいいぞ!』

いや、自分のチェックのようでした。

『さて…』

『こっちはどうかな?』

今度はちゃんと井戸のチェックをするチビキジさん。

『これでお墓参りの皆さんも安心だね』

チェック完了のようです。

『お墓の周りも綺麗にしなくちゃね』

墓地のチェックにでかけた猫さん達。
寺猫として墓参客を迎える準備に忙しくなってきたようです。
皆さん、お仕事ご苦労さまです。
また来月お会いしに来ますね。
お元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

7月の週末。
早い時間にやってきたのは、おなじみの猫寺。

参道に猫さんがいらっしゃいますね。

よく見ると、横の溝の中にも猫さんが。

『暑苦しそうなオッサンが来たな』

ええ、暑くて汗ダラダラですよ。

『オッサンの相手は…シンちゃんがするよ』

え?

参道に寝転んでいるのはシンノスケさんでしたか。
『やぁ、おはよう』

寝転んだまま挨拶してくださったシンノスケさん。

ご挨拶に撫でさせていただきます。

あぁ…手を枕にして寝ないで~

『もう…うるさいですねぇ』

『気持ちいいんだからしょうがないでしょう』

撫でられながら舌をペロンと出すシンちゃん。

『何やってるの?』

おや?チビキジさんが顔を出しましたよ。

『遊んでるの?遊んでるの?』

自分の周りをグルグル回り始めたチビキジさん。

『こっちはいいからチビキジと遊んでやりな』

そうですか?

『ふぅ…』

寝ちゃったシンノスケさんから手を引いて…

チビキジさんを撫で撫で♪

そのまま遊んで…と思ったら…

『あっちで遊ぼうっと』

行っちゃいましたよ。

では、改めて溝にいるキジさんにご挨拶。
『シンちゃんが撫でられてたから指の匂いくらい嗅いでやるか』

匂いを嗅いでくださったキジさん。

『酒臭っ!』

あ、やっぱり。

でも、近づいてきて撫でさせてくださったキジさん。

気持ち良さそうなお顔を見ながら…
後編へと続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

6月上旬の週末。
猫さん達が暮らす、とある猫寺に来ております。

『この子は遊び盛りなんで…邪魔してごめんね』

いやいやシンノスケさん。
猫さんを見ているだけでも楽しいですから!

『もっと遊んで!』

チビキジさんが、またまたじゃれ付いてきました。

この様子を本堂から見ていた黒さん。

『わたしゃ相手して欲しくないからね』

箱に入ってお休みになってしまいました。

チビキジさんが走り回って遊びに行ってしまったので…
再びシンノスケさんに相手していただきましょう。

ゲンコツを出すとゴッツンしてきてくれたシンノスケさん。

『チビは…居ないね?』

はい居ませんね。

『じゃぁ撫でてくださいな』

ゴロ~ンと横になって自分の手を引き寄せるシンノスケさん。

では、のんびり…モフモフ♪

『首も…そうそう…』

『あぁ…気持ちいいですねぇ』

撫でている自分も気持ちいいですよ♪

『今度は胸を…』

はい、モフモフモフ…

『シンちゃん、見っけ!』

チビキジさんが飛び込んできました!

シンノスケさんに襲いかかるチビキジさん。

遊びたくてしょうがないんでしょうねぇ。

『ガシガシガシガシ!』

シンノスケさんに馬乗りになるチビキジさん。

猫乗りかな?

『えいえいえいえい!』『もう…』

『いいかげんにしなさい!』

シンノスケさん、見事な巴投げ!

『もっと遊ぼうよ~』

『もうお昼寝の時間だから、おとなしくしてなさい』
『は~い』

シンノスケさん、お水を飲んで一休みのようです。

気がつけば長時間猫さん達に遊んでいただきました。
住職さんにも「ほんとに猫が好きなんですねぇ」と言われてしまった自分。
そろそろ移動するとしましょう。

猫寺の皆さん、お元気でお過ごしくださいね!
また…と言うか、次の週にもお邪魔してしまったのですが、その様子はまた今度。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

6月上旬の週末。
猫さん達が暮らす、とある猫寺に来ております。

本堂の前に出てきた尻尾の短いキジさん(シンノスケさん)

ようやく、ちゃんとご挨拶させていただきます。

 

撫で撫で撫で…

あぁ、落ち着きますねぇ。

撫でていると、ゴロ~ンと横になったシンノスケさん。

いつも通り、モフモフ開始です。

モフモフモフモフ…

『あ、シンちゃん撫でてもらってる!』

あ…チビキジさんが来ちゃった。

『一緒に撫でる~っ』

撫で撫で…ペロペロ…

自分と一緒に毛づくろいをするチビキジさん。

『あっちに誰かいる!』

別の猫さんに興味を惹かれて行ってしまいました。

『賑やかなのが居なくなったね』

そうですね。

では、思う存分モフりましょう!

モフモフモフモフ…

『やっぱり毛づくろいする~っ!』

また来ちゃったよ…

『ガブッ!』

あれ?噛み付いちゃった。

『カジカジカジ…』

チビキジさん、それは毛づくろいではありませんよ~

『あれ?なんか違った?』

うん、違うと思うんですが…

『でも楽しいよ!』『・・・・・・・』

シンノスケさんにじゃれ付いたままのチビキジさん。

『もう!邪魔!』

チビキジさん、シンノスケさんに振り落とされてしまったのでございました。

そんな猫さん達の様子を見ながら…
猫寺シリーズ、もう一回続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。